大阪・うめだ阪急で「カレーとカレーのためのうつわ展」関西初含む10メニューとカレー皿6,000点

写真拡大

「カレーとカレーのためのうつわ展」が、大阪・阪急うめだ本店で開催される。期間は、2017年8月30日(水)から9月5日(火)まで。

阪急うめだ本店が、カレーとカレーのうつわを組み合わせたイベントを開催するのは今回が初めて。通がうなる名店のカレーや、アイデアあふれるカレー惣菜など10店の出店に加えて、カレーのためだけに作られた器や、俵万智が選んだカレー短歌の展示も行う。

関西初「神田カレーグランプリ2016」受賞店など10店のカレーが集結

東京・御茶ノ水「お茶の水、大勝軒」

つけ麺「大勝軒」創業当時の人気メニューが、40年ぶりに復刻する。毎週土曜日海軍の父に連れられて食べた海軍食堂のカレーライスをルーツにした一皿は、ラーメンのスープをベースに煮込んだルゥに海鮮の旨味が染み渡った具が入った、だし文化の関西人にはたまらない味。限定揚げシュウマイ付きで登場だ。なお、2016年神田カレーグランプリでは準グランプリを受賞している。

東京・神保町「カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎」

「カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎」のスパイス香る店内で作られる「あかのべっぴんカリー」は、カルダモンやジンジャーなどの秘伝スパイスとワインで煮込んだ自家製香味野菜スープをブレンドした、コク深さとすっきりとした後味が魅力。2016年夏にカレー激戦区と謳われる神保町にオープンした名店が4日間限定、大阪で楽しめる。なお、2016年神田カレーグランプリでは神田カレーマイスター賞を受賞している。

話題のカレー総菜やカレーに合うコーヒー

大阪「コロッケの神戸や」

「コロッケの神戸や」が提供するのは、食べ歩きのできる手持ちサイズのカツカレー。カラッと揚げられた衣に包まれた、薄切り豚ロースでカレーライスは、プレーンなカレーロールとチーズ入りの2種類でラインナップする。

大阪「THE coffee time」

フルーティーな水出しコーヒーに炭酸水とシロップ漬けのフルーツをあわせた「フルーツコールドブリュー」は「THE coffee time」から。辛いカレーを食べた後は甘いマスカットやオレンジ、マイルドなカレーには甘酸っぱいレモンがマッチする。

カレーのためのうつわ

岡山の「アートスペース油亀」が総力を挙げて、カレー好きのために6,000点のうつわを用意。カレーのことを想って作られたこだわりの器を展示販売する。カレーを食べながら色を楽しむもの、食べ終わった後に物語が現れるもの、テーブルの雰囲気をがらりと変える八角形のもの……。カレーを食べる楽しみをより一層高めてくれる作品の数々が揃う。

そのほか、スープカレーやドライカレーなどカレーの種類に合わせた器にくわえ、カレーのお供を楽しむ豆皿も個性豊かなデザインで会場に並ぶ。

【詳細】
「カレーとカレーのためのうつわ展」
期間:2017年8月30日(水)〜9月5日(火)
場所:阪急うめだ本店 9階催場
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7


[写真付きで読む]大阪・うめだ阪急で「カレーとカレーのためのうつわ展」関西初含む10メニューとカレー皿6,000点

外部サイト

  • 「ハーゲンダッツ サマーリゾート」夏限定で外苑前に、新感覚かき氷“ハーゲンシェイブ”やアイスフロート
  • イタリア食材店&レストラン「イータリー(EATLY)」、グランスタ丸の内に国内最大店舗オープン
  • 日本初「ミシュランガイド・フードフェスティバル」横浜・赤レンガ倉庫で、ミシュラン掲載店が一堂に集結