没後20年!故ダイアナ元妃の“最後の1日”に迫る特別番組が9月1日放送

写真拡大 (全4枚)

 故ダイアナ元妃の“最後の1日”に迫る特別番組、金曜プレミアム『衝撃の死から20年 新証言!悲劇のプリンセス・ダイアナ最後の1日〜追跡!20年目の謎と真相、愛と哀しみの半生〜』(仮)がフジテレビ系列にて9月1日19時57分から放送される。

 1997年8月31日午前0時24分、フランス・パリのアルマ・トンネル内で、乗っていた車が柱に激突したことによりこの世を去ったダイアナ元妃。今年はその没後20年にあたる。

 ダイアナ元妃は、なぜ亡くならねばならなかったのか?これまでロンドン警視庁による公式調査報告をはじめ、多くの関連本、番組、映画などが制作されてきたが、先日、ウィリアム王子とヘンリー王子が、母であるダイアナ元妃が亡くなってからの苦悩、事故当日に母から電話があったことを初めて告白。20年目にして新たな事実が明らかになった。番組では、取材チームがイギリス、そして事故のあったフランス・パリで、当時を知る多くの関係者を探し当て、徹底取材を敢行。番組独自取材で初めて得られた新証言などを交え、“最後の1日”に何があったのかに迫る。

 ナビゲーターは、滝川クリステルが担当。滝川は偶然にも20年前の事故当日、フランス・パリに滞在しており、ラジオから流れるニュースに驚いたという。滝川は8月上旬にダイアナ元妃が生まれその半生を過ごしたイギリスでゆかりの人々に取材を行うとともに、亡くなったフランスに赴き、ダイアナ元妃の“最後の1日”の行動をたどる。

 金曜プレミアム『衝撃の死から20年 新証言!悲劇のプリンセス・ダイアナ最後の1日 〜追跡!20年目の謎と真相、愛と哀しみの半生〜』(仮)はフジテレビ系列にて9月1日19時57分から放送。