サニブラウン・ハキーム【写真:Getty Images】

写真拡大

18歳に“世界向き”の特性? 秋本真吾氏が夢の大台を予測「今回が“その時”じゃないか」

 陸上の世界選手権(ロンドン)が4日(日本時間5日)に開幕する。日本勢にとって今大会注目の一つが、男子100メートルで悲願の9秒台達成なるか、だ。近年の高速化で「時間の問題」と言われながら、依然、夢の大台到達はならず。サニブラウン・ハキーム(東京陸協)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(関学大)の3選手が出場する大舞台。専門家は今大会で、ある選手によって「出る」と予測する。

「私はサニブラウン選手が世界選手権の準決勝で9秒台を出すと思っています」

 驚きの分析を行ったのは、陸上元短距離の秋本真吾氏だ。ランニング指導のプロ組織「0.01」でJリーガー、プロ野球選手ら多くのトップアスリートを指導する200メートル障害日本最高記録保持者は、かねてから「日本人で一番早く9秒台を出すのはサニブラウン選手だと思う」と話してきた。

 なぜ、今大会に「Xデー」があるとみるのか。

 前提として、6月の日本選手権で見せた走りに根拠がある。ケンブリッジ、多田に加え、桐生祥秀、山縣亮太ら10秒0台の記録を持つ強敵を倒し、史上空前のハイレベルな一戦を自己ベストの10秒05で優勝。雨という悪条件の下、「予想以上でした」という圧勝で驚きたのは、急成長ぶりだ。

「200メートルは勝つんじゃないかと思っていました。100メートルはいずれ9秒台は絶対行くと思っていたけど、あんなに早く結果が出るとは思わなかったです」

 最終的に世界記録を出すと公言している18歳がレース後に笑顔もガッツポーズもなく、優勝も“通過点”としたような姿に衝撃を受け、「トップ選手の振る舞い、発言などが18歳でできている。その可能性、期待も込めて一番最初に出すだろうと改めて思いました」という。

 そして、サニブラウンには“世界向き”の、ある特性を持っているという。

「爆発力」を持ったサニブラウンが合致する「一流の強さの条件」とは?

「サニブラウン君の走りを見て感じるのは『速い選手に引っ張られる』こと。強敵に肩を並べても、力まない感じ。選手によっては、速いペースで展開すると自分の走りができなくなる人もいる。彼の場合は逆に、引っ張られる感じがあります」

 日本人選手が世界大会で成功するタイプは、一発の爆発力がある選手。桐生、ケンブリッジはトップ選手とのレースで力みやすいという指摘があるが、サニブラウンはまさに「爆発力」に分類される。

 加えて、秋本氏は「一流選手の強さの条件」として自己ベストが海外レースにあると持論を語る。

「400メートル障害で01年エドモントン大会で銅メダルを獲った為末大選手は、当時の決勝が自己ベスト。それは本当に強い選手だからできること。海外の、それも決勝がベストという選手は今の陸上界にどれだけいるか。それが、本当の強さ。サニブラウン選手の場合、100メートル、200メートルは日本選手権で更新する前まで海外の10秒17がベスト。200メートルは15年の世界ジュニアでウサイン・ボルトの記録を超えた時のチリ。どういう選手と走ってもベストが出せるのは凄いです」

 サニブラウンの実力ならば順当に予選はパスし、準決勝に進出するだろう。そこで決勝の8枚の切符をかけ、世界のトップ選手が全力を出してくるセミファイナルが「引っ張られる」サニブラウンにとって、大きなチャンスが生まれることになる。

 さらに、9秒台の可能性を高めるのは、あの選手の存在だという。

“世界最速男”と同組なら可能性高まる? 「速い選手と固まった方がタイムが縮まる」

「ボルト選手と同じ組の方が断然いいと思います。他の日本人選手は別ですが、サニブラウン選手に関しては速い選手と固まった方が、タイムが縮まってしまうのではないかと思います」

 そう話した上で、決勝進出に関しては「組にもよりますが、9秒97、98くらいがボーダーラインになると思います」と分析。そうなれば、9秒台とともにファイナルというダブルの日本人初の快挙も近づいてくる。

 現在は世界的に人気のあるレナ・レイダーコーチの下、課題だったフォームを改善し、短期間で縮めてきた成長も偉業を後押しする。秋本氏は改めて、サニブラウン・ハキームという選手について、魅力を語った。

「歩幅を広げるより回転数を高める方が時間的に短期間で向上できるという予測があったので、もともとストライドが大きいサニブラウン選手は技術的な観点から9秒台を最初に出すのは彼ではないかなと予測していました。しかし、そんなことも凌駕するサニブラウン選手の人格、スケールの大きさ、年齢的な伸びしろ、そういう点を考えても、今回が“その時”じゃないかと思います」

 このように太鼓判を押した秋本氏。果たして、「時間の問題」と言われ続けた9秒台はロンドンの地で、無限の可能性を秘めた18歳によってもたらされるのか。セミファイナルは、絶対に目が離せない。

◇秋本 真吾(あきもと・しんご)

 2012年まで400mハードルの陸上選手として活躍。五輪強化指定選手選出。200mハードルアジア最高記録、日本最高記録、学生最高記録保持者。2013年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ、アメフト、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。地元、福島・大熊町のため被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。2015年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。現在は伊藤友広氏らと「0.01 SPRINT PROJECT」を立ち上げ、ジュニア世代からトップアスリートまで指導を行っている。