しゃぶしゃぶや肉野菜炒め、豚丼など、あらゆる料理で活躍する豚バラ肉。やわらかくジューシーな脂身が特徴的で、スーパーなどで見かけた際、食欲をそそられて、つい買い物かごに入れてしまった人もいるのでは?

 現在Twitter上では、豚バラ肉にそっくりな“あるもの”が話題になっている。

 こちらは豚バラ肉…ではなく、なんと石なのだとか! 赤い部分が豚バラ肉の赤身、白い部分が脂身のように見える。本当にそっくりで、見ているとついお腹が鳴ってしまいそう。

 Twitterユーザーからは、「豚バラの化石ですね」「豚バラの食品サンプルかと思った」などという声が寄せられたほか、「国立故宮(こきゅう)博物院を思い出す」という人も。故宮博物院は、中国の台北市にある博物館。ここでも、お肉の形にそっくりな“肉形石(にくがたいし)”が展示されている。

 ちなみに投稿者によると、中国で「五花肉石」と呼ばれる石とのこと。「五花肉」は中国語で三枚肉、つまりバラ肉のことをいうらしい。また「彩霞石」という呼び名もあるようだ。

 道端に落ちている石も、じっと見つめてみると何かの食べ物に見えてくるかも…?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら