日本初の「おむつピタゴラ」が、P&Gの乳幼児用紙おむつブランド「パンパース」の8月2日開催イベントで披露されました。イベントには0歳児と5歳児の2児のママで、今まさに子育てに奮闘中の小倉優子さんが出席。「おむつピタゴラ」の仕掛けを見守りました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

おむつ素材が使われているといい、ボールをスタートさせるとパンパースの性能にあわせた“ゆるゆるうんちの吸収”“通気性”“吸水性”の3つの仕掛けが登場。“通気性”では、パンパースの内側外側のシートを設置した筒に送風すると中の羽毛が舞い始める様子を披露。“吸水性”では、赤ちゃんの一晩分以上のおしっこの量の水を、素早く吸収する様子を披露。“ゆるゆるうんちの吸収”では、ゆるゆるうんちを再現した液体がおむつの内側シートに素早く吸収され通過し、ゆるゆるうんちの重みでシーソーが稼働。最後はハートのランプが点灯して見事クリアしました。


ピタゴラ装置を使っての製品紹介という斬新な試みには、出席した小倉さんも「こんなに羽毛が舞い上がるんですか?」「ゆるゆるうんちもこんなに早く吸収するんですね!」と驚きしきり。長男の頃から口コミで使用しているといい、改めてパンパースについて知る機会となったそうです。

なお、今回披露された日本初の「おむつピタゴラ」は、パンパース日本上陸40周年の集大成、そしてパンパース新『肌へのいちばん』シリーズの肌へのやさしさを訴求するものとして制作されています。

(HideI / 画像提供・プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社)