米ワシントン・ポスト紙(WP)は3日、トランプ大統領が就任直後の今年1月にメキシコ、オーストラリアと電話首脳協議をした際のホワイトハウスの記録を入手したとして詳報した。

 国境への壁建設が問題になっていたメキシコのペニャニエト大統領との協議では、費用負担を拒否すると公言していたペニャニエト氏に「メディアにそれを言ってはならない。(報道が)我慢できない」と圧力をかけていた。

 トランプ氏は大統領選の目玉公約として「費用をメキシコに払わせる」としており、協議で「我々はともに『どうにか解決策を見いだす』と言うべきだ」と発言。さらに、「メキシコは払わないと言い続けるなら、きみたちともう会いたくない」と迫った。