「東京五輪音頭-2020-」のミュージックビデオが完成!石川さゆりと加山雄三が大団円

写真拡大 (全9枚)

 1964年に制作された「東京五輪音頭」が、東京2020大会版としてリメイクされ、「東京五輪音頭-2020-」として現代に蘇ることは決まっていたが、そのミュージックビデオが完成。このほど全貌が明らかとなった。

 これは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、東京2020大会に向けて機運を醸成する目的で制作したもの。

 公開されたMVでは、MCを古舘伊知郎が担当しているほか、歌手生活 45 周年を迎える歌姫・石川さゆりの姿や、竹原ピストルの歌唱シーン、さらに夏バージョンに変わった4番をダイナミックに歌い上げる加山雄三の姿が印象的。新たに加わった5番はテンポも段々とアップしていき、石川さゆりと加山雄三による大団円へ。振り付けでは "イナバウワー" のようなものまで披露されている。