画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フリーアナウンサーの滝川クリステルが、9月1日(19:57〜21:49)に放送されるフジテレビ系ドキュメンタリー特番『衝撃の死から20年 新証言!悲劇のプリンセス・ダイアナ最後の1日〜追跡!20年目の謎と真相、愛と哀しみの半生〜』(仮)で、イギリスとフランスでのロケを行い、故・ダイアナ元妃の足跡をたどる。

この番組は、ダイアナ元妃の没後20年というタイミングで、亡くなるまでの最後の1日に彼女の身に何があったのかを、イギリスや、事故のあったフランス・パリで関係者への独自取材を行い、追跡していくもの。

番組ナビゲーターを務める滝川は、20年前の事故当日、パリに滞在しており、ラジオから流れるニュースに驚いたという。そんな滝川が8月上旬、ダイアナ元妃が半生を過ごしたイギリスでゆかりの人々に取材を行い、亡くなったフランスでは、ダイアナ元妃の"最後の1日"の行動をたどっていく。

フジテレビの成田一樹プロデューサーは「ダイアナ元妃を知っている世代には、きっといくつもの新発見があるはずです。また、ダイアナ元妃をリアルに知らない世代にも、ダイアナ元妃がなぜこれほど愛されたのか? を知るきっかけになる番組になればと思います」と話している。