“神ボディ”を持つ話題の女性シンガー加治ひとみがバラエティに挑戦!

8月3日に放送されたバラエティ番組『アウト×デラックス』に“神ボディを持つ歌姫”として話題の女性シンガー、加治ひとみが出演。番組では彼女の「アウト」な作詞方法を巡って、加治と南海キャンディーズの“山ちゃん”こと山里亮太とのバトルが勃発。その模様がネットでも話題を呼んでいる。

<耳マンのそのほかの記事>

加治ひとみ

加治は2014年の『東京ガールズオーディション』にてアーティスト部門でグランプリを受賞し、歌手デビュー。彼女の楽曲はすべて本人の作詞によるもので、自身の実体験に基づいた恋愛観が描かれている。しかし、作詞のために彼女が男をたぶらかしている(!?)とのことで、スタジオではその真相について徹底検証された。

仰天の作詞方法に南キャン・山ちゃんが物申す!?

加治は番組に登場してから早々に、自らを「和製テイラー・スウィフト」と称したり、カフェで男性と手を繋ぎながらいちゃついていても歌詞が思いついたら速攻で帰らせることや、いい言葉が浮かんでくるかもしれないとの思いから自身の下着姿を絵に描いてもらったことがあるなど、仰天発言を連発。これを受けて“男性の気持ちをたぶらかすな”とひと言物申せずにはいられなくなった山ちゃんが、加治に対して反撃! しかし、あまりにも赤裸々に堂々と語り続ける彼女の姿勢に、山ちゃんもさじを投げる結果に……。スタジオは大爆笑に包まれた。

同番組の出演を記念して配信限定アルバムもリリース!

バラエティ番組でもしっかりと爪痕を残した加治は、8月23日にミニアルバム『TROUBLE』をリリース予定。同作には番組内でも話題にのぼった“悪女”がテーマの新曲『Candy』も収録されている。また、同番組への出演を記念して、彼女の代表曲とも言える5曲をまとめた配信限定アルバム『ラヴソング-special edition-』がワンコイン以下の450円にて配信開始となった。これを機に加治の楽曲を堪能してみてはいかがだろう!?

『加治ひとみ / 「Candy」Music Video Short ver.』

[耳マン編集部]