【先ヨミ】NMB48の3rdアルバム『難波愛〜今、思うこと〜』が15万枚セールスで現在首位、UVERworldとPKCZ(R)が続く

写真拡大

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから、2017年7月31日〜8月2日までの集計が明らかとなり、NMB48の3rdアルバム『難波愛〜今、思うこと〜』が154,417枚を売り上げて首位に立っている。

 前作『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜』に続く約3年ぶり、自身通算3枚目のアルバムとなるNMB48『難波愛〜今、思うこと〜』。2014年11月の10thシングル『らしくない』から2016年12月の16thシングル『僕以外の誰か』までの7枚のシングル曲と各チーム曲などを含む新曲を収録した本作は、初回限定盤Type-N、Type-M、Type-B、通常盤、劇場盤の全5形態でのリリースとなった。早くも15万枚の大台を突破した本作は、2以下を大きく引き離す形で首位に立っているので、次週発表の週間アルバム・セールス・チャートでの首位獲得も固いだろう。

 2位は、UVERworldの9thアルバム『TYCOON』。こちらも約3年ぶりのリリースとなったアルバムで、初動3日間で50,632枚セールスを記録。続く3位には、DJ MAKIDAI(EXILE)、VERBAL(m-flo)、DJ DARUMAからなる3人組ユニットPKCZ(R)の1stアルバム『360°ChamberZ』が入った。EXILE THE SECOND、三代目J Soul Brothers、GENERATIONS、AFROJACKら全14組のアーティストがゲスト参加した本作。週末にかけて2位のUVERworld『TYCOON』にどこまで迫ることができるかに注目したい。

 4位には、18,396枚を売り上げた山下達郎『COME ALONG 3』が入っているが、本作のリリースに合わせてリマスタリングされて再発となった『COME ALONG 1』が11位、『COME ALONG 2』が9位にそれぞれ入っており、シリーズの根強い人気を見せつける形となった。


◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2017年7月31日〜8月2日までの集計)
1位『難波愛〜今、思うこと〜』NMB48 154,417枚
2位『TYCOON』UVERworld 50,632枚
3位『360°ChamberZ』PKCZ(R) 30,467枚
4位『COME ALONG 3』山下達郎 18,396枚
5位『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』Hey! Say! JUMP 16,729枚