『ワンダーウーマン』主演ガル・ガドットが語る、最強美女戦士ワンダーウーマンの魅力とは?

写真拡大

 世界中で空前の大ヒットを記録している映画『ワンダーウーマン』で主演を務めるガル・ガドットが、なぜワンダーウーマンが世界中から愛されるのか、その理由を明かしてくれた。

 女性監督の興行収入歴代No.1を獲得し、世界興収が850億円を超えた映画『ワンダーウーマン』。戦車を持ち上げたり、ガントレットで銃を弾き返したりするほど強く、さらに誰もが認める美貌の持ち主で、何百か国後も話せるという才色兼備のワンダーウーマンは、全てにおいて完璧なように見える。しかし同キャラクターを演じた主演のガル・ガドットは「美しくて最強なワンダーウーマンにどうしたら共感してもらえるか考えたの。そこで、彼女にも欠点や弱さがあることを見せようと思った」と、あえて欠点を持たせるようにしたのだと言う。

 ガルは「本作はワンダーウーマンのオリジンストーリーを描いているの。女性だけの島で育ち、男性を一度も見たことがない。いかに大人になっていき、世界を違った目で見るようになるかという成長の物語になっているの。世界が善と悪だけが存在するのではなく、グレーの部分もたくさんあると知っていくのよ」と、最強の美女戦士でありスーパーヒーローというだけではなく、一人の女性として成長していく姿が受け入れられていると語る。

さらに、ワンダーウーマンの好きなところについて問われると、「私自身ワンダーウーマンの興味深いところは、彼女にはいろんな面があるということなの。自信があるのに弱く、恐れもあるけど好奇心旺盛。喜びに溢れているようで、自分のやるべきことに集中する。彼女は完璧に見えるけれど、弱みを見せることを恐れていない。そこが大好きだし、愛される理由だと思うわ」とスーパーヒーローだからこそ愛される秘密を明かした。彼女が悩みながら最強の美女戦士へと成長していく姿は誰の心にも響くことだろう。映画『ワンダーウーマン』は8月25日より公開。


◎作品情報
◎作品情報
『ワンダーウーマン』
2017年8月25日(金)より、3D/2D/IMAXで全国ロードショー
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パインほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC DUNEENTERTAINMENT LLC