中国版ツイッター・微博に1日、日本の中華料理の調味料のCMをまとめた動画が掲載され、ネットユーザーからさまざまな疑問の声が上がっている。写真は麻婆豆腐。

写真拡大

日本で中華料理は非常に人気があり、具材を加えるだけで簡単に味付けができるレトルトも多数市販されているが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に1日、日本のレトルト中華料理のCMをまとめた動画が掲載され、ネットユーザーからさまざまな疑問の声が上がっている。

【その他の写真】

動画は味の素のCMを紹介するもので、「Cook Do」の肉みそキャベツ、豚バラ白菜、黒麻婆、回鍋肉、麻婆茄子や、冷凍食品のチャーハンやギョーザなどをタレントが豪快に食べる様子が映っている。投稿者は「日本のCM中の中国の美食、見てたらお腹がすいてきた」とコメントしている。この動画は、投稿から1日半で3万5000件近くの「いいね」が付き、1万6000件余りのコメントが寄せられている。

ただ、ネットユーザーの多くは日本のCMに「疑問」を抱いたようだ。まず、回鍋肉を溶き卵にくぐらせて食べている様子に、「生卵を付けるってどういう食べ方なんだ?」といぶかしがるコメントに多くの「いいね」が付いている。これは、日本人でもなじみがないという人が多い食べ方かもしれない。

次に、「麻婆豆腐はあるけど、麻婆茄子ってみんな聞いたことある?」というコメント。「麻婆茄子」は「魚香茄子」という料理をもとに日本でアレンジされた料理だという。ちなみに天津飯なども日本で生み出されたメニューだ。さらに「なんでギョーザと白飯を一緒に食べるの?」といった声も。ギョーザの皮は小麦粉でできているため、中国では主食の扱い。

このほか、料理からは湯気がもうもうとたち、アツアツであることから「日本人は(口が)熱くないのか?」「見てるだけで口をやけどしそう」「日本人には特殊能力があるようだ。口が大きくて、しかも耐熱仕様」といったコメントも少なくなかった。

なお、日本では「中国料理」あるいは「中華料理」と言われるが、両者の違いについて以前、中国メディア・瞭望東方周刊や日本の情報バラエティー番組が取り上げたことがある。解釈としては、中国の本場の料理をそのまま再現したものを「中国料理」、日本でローカライズされたものを「中華料理」と呼ぶのだそうだ。(翻訳・編集/北田)