魔法大臣コーネリウス・ファッジ役で
知られたロバート・ハーディさん Photo by Ian Gavan/Getty Images

写真拡大

 英俳優ロバート・ハーディさんが8月3日(現地時間)、ロンドン郊外の老人ホームで死去したと英BBCが報じた。91歳だった。

 ハーディさんは、世界的大ヒットを記録した「ハリー・ポッター」シリーズで、2作目「ハリー・ポッターと秘密の部屋」から5作目「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」まで、魔法大臣コーネリウス・ファッジを演じた。パーシー・ウィーズリー役で共演したクリス・ランキンは、訃報を受け「ものすごく悲しい。素晴らしい話を聞かせてくれた、とても親切な人だった」とTwitterで哀悼の意を示した。

 1925年、イギリス・チェルトナムに生まれたハーディさんは、オックスフォード大学マグダレン・カレッジに進学。第2次世界大戦時は、英空軍で軍務に就き、終戦後に復学。「指輪物語」のJ・R・R・トルーキン氏や、「ナルニア国ものがたり」のC・S・ルイス氏に師事し、英文学の学士号を修得した。

 24歳のときに、舞台俳優としてのキャリアをスタートさせ、58年のグレン・フォード主演「雷撃命令」で映画デビュー。オックスフォード時代の学友、故リチャード・バートンさんとは「寒い国から帰ったスパイ」(65)で共演した。英BBCで78〜90年にわたり放送されたドラマ「All Creatures Great And Small(原題)」で国民的俳優に。映画の代表作に「いつか晴れた日に」などがある。70年にわたる俳優人生で、ウィンストン・チャーチル役を数多く演じてきたことでも知られる。81年、大英帝国勲章CBEを受章した。