実はその飼い方、間違っているかも!

巷には様々なしつけ本や飼い方の記事などがありますよね。もちろん正しい方法を紹介しているものもありますが、中には古い飼育方法や間違った飼育方法もあることが事実です。
この記事では、「動物の権利」を元に考えられた、犬になるべくストレスをかけない飼育法をいくつかご紹介していきたいと思います!
ではさっそく、見ていきましょう。

犬をケージに閉じ込める

ケージの中に長時間入れない

「家の中に自分のテリトリーがあったほうが良い」「イタズラ防止にお留守番はケージに入れましょう」などの理由でケージの中に長時間入れている飼い主さんはいませんか?
お散歩以外はケージの中。なんていうご家庭もあるかもしれません。実はこれ、とてもとても犬にストレスがかかります。人間ならば監禁されているということで、大問題になります。
確かに、犬に自分のテリトリーや避難場所があることは大切ですが、その場所というものは犬自身が決めるもので飼い主さんが勝手に決めるものではありません。(静かな場所やお気に入りの場所があるはずです)まずは室内を自由に動けるようにして、愛犬自身にお気に入りの場所を教えてもらい、そこにクレートやハウスを置くようにしましよう。

犬に構いすぎる

犬にも自分の落ち着ける時間が必要

初めて家に来た日は「しばらくはそっとしておいて下さいね」とペットショップの店員さんやブリーダーさんからお願いされたことを守っている方は多いと思います。しかし、初めて来た日ほど犬は不安になっているのでしょう。
完全放置ではなく優しく声をかけて撫でたり、そばにいてあげることが落ち着かせるためにも大切だと思います。
ポイントは「家に慣れてきた日」からです。特に子犬の場合はとても可愛くて、1日中見つめたり遊んだりしても飽きないですよね。
しかし、犬にも自分の落ち着ける時間が必要で、子犬の場合は1日18時間以上睡眠が必要と言われています。ですので、一緒に遊びたい気持ちもありますが、しっかりと休息が取れるようにしてあげましょう。

毎回オヤツでしつけをする

おやつが無くてもしつけできるように

よくしつけ本などには「命令を聞けたらすぐにオヤツをあげて褒めてあげましょう」などと書かれています。初めて教える時などは良いと思いますが、指示を覚えてからも毎回オヤツをあげていれば「オヤツのために指示に従う」ようになってしまいます。
オヤツがなくても、しっかりと飼い主さんのお願いを聞けるワンちゃんになってほしいと思いますので、オヤツで釣るのは止めましょう。

犬に興奮させる遊びをする

「ボールを投げて取ってくる」「おもちゃの引っ張り合い」「ドッグランで走らせる」など、よくお家や公園などで見かける光景がありますよね。犬は楽しそうに見えますが、実は「興奮状態にある」ので、本来穏やかな生活をしている犬にとっては精神的にはあまりよくありません。
「ストレスを発散させている」という理由も言われますが、日々の生活の中でなるべく犬にストレスがかからないようにしてあげるべきだと思います。

家の中が騒がしい

犬は静かでまったりとした時間が好き

人間がいつも大声で話していたり、テレビの音が大きかったり、ドタバタと走り回ったり。特に子供さんがいる家庭はどうしても視覚的にも聴覚的にも騒がしくなってしまいますよね。
犬は静かでまったりとした時間を好むので、騒がしい環境にいると落ち着けず、ストレスを抱えます。すると様々な問題行動を引き起こしさらに家の中が騒がしくなる、という悪循環に陥るでしょう。
人間はなるべくゆったりと動き、静かに生活するようにしましょう。お年寄りが飼っているワンちゃんが穏やかなのは、このような理想の環境に近いからなのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
初めて犬を飼う方は「そうなんだ!」と思って頂けたら嬉しいです。そしてベテラン飼い主さんも「うちは間違ってかもしれない!」と気づいて改善していただければ、愛犬はもっと幸せになれるでしょう。