男子は相生学院(兵庫)が秀明八千代(千葉)を破り、2年連続3度目の優勝 [南東北インターハイ]

写真拡大

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の3日目、8月4日は男女団体準決勝、決勝が行われた。

 男子決勝は相生学院(兵庫)が秀明八千代(千葉)を2勝0敗で下し、2年連続3度目のインターハイ優勝と、昨夏から数え、春のセンバツも含めると3大会連続の全国優勝を飾った。

 今大会の相生学院は初戦からの5対戦で1試合も落としていない。

【男子団体決勝】※校名の左に付いている数字はドロー番号、丸数字は学年

1相生学院(兵庫)3-0 51秀明八千代(千葉)
D ○山中瑠樹亜/名越大地 6-0 6-1 ●坂川広樹◆仁詭變翔
S1 ○菊地裕太 6-0 6-1 ●白石 光
S2 ○阿多竜也 6-2 6-3 ●清水一輝

【男子団体準決勝】

1相生学院(兵庫) 2-0 14清風(大阪)
D ○山中瑠樹亜/名越大地 6-4 6-1 ●五味駿一/神谷和輝
S1 ○菊地裕太 6-2 6-0 ●大植 駿
S2 阿多竜也 6-4 5-4 打切り 村田雄飛

38岡山理大附(岡山)0-2 51秀明八千代(千葉)
D 橋本翔弥/加藤博夢 6-4 3-2 打切り  坂川広樹◆仁詭變翔
S1 ●星木 昇 5-7 5-7 ○白石 光
S2 ●山本 新 1-6 4-6 ○清水一輝

試合方法◎「団体戦」は、単2本+複1本の合計3ポイント(試合順D1→S1→S2)で争われ、1〜3回戦は8ゲームズプロセット(8-8後、タイブレーク採用)、準々決勝以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。初戦は3ポイントすべて行われ、以降は勝敗が決定した時点で打切りとなる。

【相生学院 全結果】

決勝   対秀明八千代(千葉)3-0
準決勝  対清風(大阪)2-0
準々決勝 対大成(東京)2-0
3回戦  対駿台甲府(山梨)2-0
2回戦  対沖縄尚学(沖縄)3-0

テニスマガジン/Tennis Magazine

高校テニス特集(南東北インターハイ)|テニスデイリー