画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マスタードシードはこのほど、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応した、X399チップセット搭載のASRock製マザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」と「X399 Taichi」の取り扱いを開始した。8月10日22時の発売を予定し、8月4日から予約の受付を開始する。店頭予想価格は「Fatal1ty X399 Professional Gaming」が税別61,800円前後、「X399 Taichi」が税別48,800円前後。

○Fatal1ty X399 Professional Gaming

ハイエンド向けのゲーミングマザーボード。電源回路は11フェーズ設計で、IRデジタルPWMとDr.MOSによって安定した電源供給を実現するという。 PCIe 3.0 x16スロットを4基備え(x16/x8/x16/x8)、4-Way CrossFireXと4-Way SLIをサポートするほか、PCIe Gen3 x4接続に対応した3基のM.2スロットを搭載する。

通信機能としてギガビット対応有線LAN、IEEE802.11ac対応無線LANに加えて、10Gbit有線LAN(AQUANTIA製コントローラ)が利用できる。このほか、サウンド機能としてCreative SoundBlaster Cinema 3に対応する。

○X399 Taichi

汎用性の高いメインストリーム向けマザーボード。基本的な機能は「Fatal1ty X399 Professional Gaming」と共通だが、10Gbit有線LANやCreative SoundBlaster Cinema 3を非搭載とすることで価格を抑えている。