『累-かさね-』に主演する(左から)土屋太鳳、芳根京子

写真拡大

 女優の土屋太鳳(22)と芳根京子(20)が、映画『累-かさね-』(2018年公開)にW主演することがわかった。原作は、“美醜”をテーマにした、松浦だるま氏の人気漫画。土屋は『まれ』、芳根は『べっぴんさん』でヒロインを務めた“朝ドラコンビ”が、初共演の同作でキスを引き金に“顔が入れ替わる”難役に挑む。

キスする姿を描いた『累-かさね-』原作カット

 伝説の女優を母に持つ淵累(ふち かさね)は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いて生きてきた。一方、舞台女優・丹沢ニナは、美貌に恵まれながらも、女優として花開かずにいた。そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。

 ニナと、ニナの顔をした累を演じる土屋は「監督はじめスタッフの方々、キャストの方々と一緒に思いきり堕ち、確かめたいと思います。そして女優として、『累-かさね-』の闇に酔いしれたいと思います」と気合十分。「芳根さんの瞳は近くで拝見すればするほど本当にキラキラと美しくて、多くの人に愛され守られている方なのだなと実感します。そんな芳根さんと演技とはいえ入れ替わってよいのだろうかとドキドキしていますが、同時にとても光栄ですし、すごく楽しみでもあります」と話している。

 一方、自らの顔が醜いと恨み続ける累と、累の顔をしたニナに挑む芳根は「2役を演じるのは初めての経験なので、想像するだけでも大変なものだと思いますが、土屋さんとご一緒にお芝居できる喜びを噛み締めながら、累とニナを丁寧に創り上げていきたいです」と意気込み。強烈な特殊メイクにも挑戦し、「今までとは違う姿をお見せできるよう、そして自分自身も新たな自分を見つけられるよう、全力でぶつかっていきたいと思います。爆発します!」と熱演を誓った。

 脚本は、ドラマ『僕のヤバイ妻』や映画『LIAR GAME The final stage』を手がけた黒岩勉氏が担当。監督は、映画『キサラギ』、「ストロベリーナイト」シリーズの佐藤祐市氏。プロデューサーの上原寿一氏は「1人2役でもあり、2人1役でもある本当に難しい役だと思うのでお2人のためにも『日本アカデミー賞主演女優賞』W受賞を獲れるような作品にしたいです」と語っている。