【詳細】MVはこちら

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、東京2020大会に向けての国民の機運を高めるために、1963年に制作された「東京五輪音頭」を東京2020大会版として大胆にリメイクした「東京五輪音頭-2020-」のミュージックビデオを公開した。

歌唱は、石川さゆり、加山雄三、竹原ピストルが担当している。

「東京五輪音頭-2020-」では、かつて国民的な大ヒットで一世を風靡した名曲「東京五輪音頭」の曲調・歌詞を大切に守りつつ、原作関係者の了解を得て、東京2020大会を見据えたアレンジを実施。「パラリンピック」の要素を加え、季節感への配慮、オリンピック・パラリンピックをひとつにまとめた5番をあらたに追加。さらに、新しい世代も楽しめるような振り付けや、キャスティングなどが行われた。車いすの人も参加できる振り付けも用意されている。

3番のあとの間奏には、東京2020オリンピック・パラリンピックであらたに加わる7競技が振り付けに表現されていたり、手話が入っていたり、紫外線対策まで(!?)盛り込まれている。

老若男女問わず、障がいのある人も、全国のすべての人々、そして世界中の人々も、参加できる“ダイバーシティ音頭”。この夏、そして、一年中、2020年まで、一緒に歌って踊って、盛り上がろう。

映像ディレクター 児玉裕一氏 コメント

ゴキゲンな編曲と振り付けで生まれ変わった東京五輪音頭。世の中いろいろなことがありますが、音頭でも踊って楽しく過ごせる、そんな楽しい夏がやってきそうな予感がしました。

振付家 井手茂太氏 コメント

自然と体が動いて踊りたくなる、そんな音頭に仕上がりました。ぜひ、みんなで輪になって踊ってください!

ミュージックビデオ出演者(車いすダンサー) かんばらけんた氏 コメント

多くの車いすの方が踊れるように、動きが難しくない振り付けにしました。それぞれの方の障がいに合わせて、回転などアレンジして踊ってみてください!





特設サイト

https://tokyo2020.jp/jp/special/ondo/