長寿番組『徹子の部屋』や、昭和を代表する音楽番組『ザ・ベストテン』などで司会を務めて来た黒柳徹子さん。

現在83歳でありながら、2016年10月にInstagramを開設し、TVと変わらない軽快な語り口で多くのフォロワーを楽しませてくれています。

そんな黒柳さんが「いま見るとかなりの露出ね」とメッセージを添えて公開した写真が、話題を呼んでいます。

う…美しい!

38歳のころ、演技の勉強をするためにニューヨークへ1年間留学していた黒柳さん。写真は、その当時撮影されたものだといいます。

肌を大胆に露出し、カメラに向かって微笑む黒柳さんは、とても38歳とは思えない若々しさです!

当然ながら、コメント欄は「可愛い」と絶賛する声で埋め尽くされ、中には「沢尻エリカさんみたい」「紗江子さんかと思いました」といった声も。

「仕事もコマーシャルも全部やめて、ニューヨークに渡った」

写真には留学するにいたった経緯もつづられていました。

私は、実家で暮らして、実家から仕事場に通っていた。それまで、家事を、一切したことがなかった。

「私、このままの状態で、芸能界の仕事をし続けたら、何んにも、知らない大人になっちゃうなぁ!」と考えてた。

日本でも、文学座で2年、演劇の勉強はしてました。

舞台の仕事を、たくさんするようになったら、「やっぱり、本場、アメリカのブロードウェイで、演劇の勉強をしたい!」と思った。

2〜3年かけて、仕事もコマーシャルも全部やめて、ニューヨークに渡った。

一人暮らしの、何もかもが、始めての経験で、毎日が楽しかった。

tetsukokuroyanagi ーより引用

女性が生きにくかった時代に、芸能界でキャリアを積み、成功を手にした黒柳さん。

そんな彼女が日本での活動を一旦停止するという決断をくだすのに、どれほどの勇気が必要だったことでしょう。

黒柳さんのメッセージに背中を押された人は多くいたようで、さまざまなコメントが寄せられています。

自分も30代半ばで、渡米しました。あの時の決断は間違っていなかったと強く思います。「自分に必要」と強く思えば、年齢なんて関係ないのだと改めて感じました。写真に写る黒柳さんが輝いているのは、自分の思いに正直に生きているからなのだと思います!

いまなお芸能界の第一線で活躍を続ける黒柳さん。彼女の持つ信念と熱い思いは、このころから変わらないのですね。

[文・構成/grape編集部]