リヴァプールからラツィオ移籍のルーカス・レイヴァ、新人のアレをやる

写真拡大

この夏10年を過ごしたリヴァプールを離れ、ラツィオへ移籍したブラジル人MFルーカス・レイヴァ。

今年で30歳になった彼はベテランといえる領域にあるが、新人恒例の儀式に臨んでいた。同じく元リヴァプールであるスペイン人FWルイス・アルベルトがInstagramにアップした映像がこちら。

@leivalucas 🔝🔝
14_luisalbertoさん(@14_luisalberto)がシェアした投稿 -

現在、ラツィオはオーストリアで合宿中。ルーカスはこの日の主役となっていたとも伝えており、すでにチームに馴染んている様子だ。

ミランへ移籍したルーカス・ビグリアの後釜として期待されているルーカス。ラツィオMFセナド・ルリッチも「ルーカス・レイヴァは豊富な経験を持つ偉大な選手だ。僕らには若手がとても多いので、彼のような選手が必要さ」と期待を口にしている。

昨季セリエAで5位だったラツィオ。今月13日にユヴェントスとのスーペル・コッパを戦った後、昇格組であるSPALとの開幕戦で新シーズンをスタートする。