これまでの噂によればiPhone 8は、ホームボタンは仮想式になり、画面に受話口やFaceTimeカメラ・センサーが出っ張り、画面上部のステータスバーは2分割される可能性があります。

これがiOSアプリに与える影響は大きいでしょう。iPhone 8でデザインはどう変わるのでしょうか。

iPhone 8で考えられる3つのデザイン

デザイナーのMax Rudberg氏はこれまでの噂を元に、iPhone 8に搭載される『iOS 11』のデザインを予想したCGを公開しています。

左端が『iPhone 7』、残る3つがiPhone 8に搭載されるiOS 11・アプリの予想デザインです。それぞれの予想デザインは微妙に異なります。

左から、受話口などの出っ張りを隠さないデザインA案、出っ張りを隠すデザインB案、出っ張りに加えて仮想ホームボタンも画面と一体化させるデザインC案です。


画像:Max Rudberg

A案では画面上部のステータスバーが白く、黒い出っ張りがよく分かります。一方でB案ではステータスバーを黒くすることで出っ張りと一体感を出しています。C案はそれを画面下の仮想ホームボタンにも適用した形です。

いずれの案でも、これまで画面上に表示されていた1つ前の画面に戻るボタン・編集ボタンなどが仮想ホームボタン横に表示される、と予想されています。

それぞれの案の高解像度画像はRudberg氏のウェブサイトで公開されています。

Max Rudberg - Visual & User Interface Designer - iPhone Pro′s edge-to-edge screen and what it could mean for the UI

実際に「黒」で一体感は出せるのか?

では、ステータスバーや仮想ホームボタンの周りを黒くすれば、iPhone 8本体との一体感は実際に生まれるのでしょうか。

iPhone 8の画面は有機ELだと噂されており、従来の液晶とは異なります。デザインに関わる違いは黒を表現する手法です。

従来の液晶は画面を点灯させて黒を表現していますが、「黒」でも白っぽく見えることがあります。有機ELでは画面を点灯させずに黒を表現するので、黒色をより忠実に再現できます。

したがってステータスバーを黒色にすれば、iPhone 8の本体色(黒)と同化させることが可能だと考えられます。

iPhone 8にホワイトモデルが登場するかは不明ですが、もし受話口などの出っ張りが白色になるのだとすれば、ステータスバーも白色にすれば一体感を出せるかもしれません。ただし黒とは異なり、画面を点灯させて白を表現するので、本体色との微妙な違いが目立つ可能性も考えられます。

iPhone 8で時計はどこに行く?

ステータスバーの中央に受話口やFaceTimeカメラなどが出っ張ることで、時計がどうなるのかも気になるところです。2分割されたステータスバーでは時計を表示できる余地がありません。

Appleでソフトウェアエンジニアとしても勤務したことがあるAllen Pike氏は、仮想ホームボタンの中央に時計が表示されるのではないか、と予想しています。

同氏のウェブサイトでは、その予想CGも公開されています。

Developing for iPhone Pro - Allen Pike

参考

Developing for iPhone Pro - Allen PikeMax Rudberg - Visual & User Interface Designer - iPhone Pro′s edge-to-edge screen and what it could mean for the UI