結婚を発表した古坂大魔王と安枝瞳夫妻と祝福するピコ太郎夫妻

写真拡大

YouTubeに投稿したPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)の動画で世界中に一大旋風を巻き起こしたピコ太郎。その“プロデューサー”でタレントの古坂大魔王が8月4日にブログで15歳年下の元グラビアアイドルでタレントの安枝瞳と結婚したことを発表した。

[動画]ピコ太郎、PPAP踊りながら桐谷美玲と手が触れしあわせ

古坂大魔王はこの日、「渾身のご報告!ガチの渾身のご報告!」と題してブログを更新。「いつも応援してくださる皆様、そしてお世話になっている皆様へ。まさか、この文面を書く日が来るとは思わず44年…。そう、あのランディバース(元阪神)の背番号の歳になり…」と前振りをすると、「兼ねてよりお付き合いさせて頂いていました、安枝瞳さん(女性)と、昨日8月3日(木)に結婚致しました(婚姻届を出しました)」と報告した。

出会いは5年ほど前だったようで、「喋ったり、話したり、トークしていて、彼女の優しさと、真面目さと、切なさと心強さとに惹かれ、こんな素敵な女性と一生過ごしてみたいと思い、決心し、約束し、この様な運びとなりました」と結婚を決めるまでの経緯を説明している。

「私の年齢としてはガチガチの大人ですが未だ未熟な私と妻で、箸が転がっても拾う様な、トンボが教室に入って来ても窓開けて出す様な(私、例えが下手みたいです)、明るい家庭に仕上げて行きたいと思います。いやさ、命懸けで仕上げてみせます」と結婚生活への決意を語っている。

また、古坂大魔王にプロデュースされたピコ太郎からも「アピシィチィイス、ピコ太郎です。お二人を見てると亀と牛の様な、雨雲と小豆の様な、マチュピチュとネドベドの様な感じがします。例えが下手ですいません。とても、仲良しでまるで私と多味の様です!これからは四人五脚で頑張ってまいります!ヨロピコおめでとうございまピコ!」との祝福コメントが寄せられている。

一方、古坂大魔王の妻となった安枝は「いつも笑わせてもらってて、楽しく過ごしているので、これからも引き続き、明るく楽しい家庭が築けたらいいなぁ、と思っております」とコメントしている。