V6 三宅健、『こじらせナイト』初登場 久保ミツロウ「こじらせ界のヘレン・ケラー」

写真拡大

 MCを務める漫画家・久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインといった3人の人気クリエイターによるバラエティー番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジテレビほか)。8月5日放送回にV6の三宅健がゲスト出演する。

(関連:V6 三宅健、森田剛とのイチャイチャぶりを披露「寄せては返す波のように……」

 同放送では、久保と能町は初、ヒャダインは約3年ぶりに三宅との共演を果たした。なかでも昔V6のファンだったという久保は、自身が上京した時期とV6のデビュー時期が重なっているなど、V6に対してひとかたならぬ思い入れがあるという。また、久保にはV6岡田准一のラジオ番組にゲスト出演した際、とある出来事がトラウマになったという過去も。番組では「つらい」「三宅健さんが吸っている空気をダイレクトに吸えない」と悶絶する様子が見られたという。

 そんな久保の様子を面白がった能町とヒャダインは番組中に離席し、久保と三宅を2人きりにするという場面も。三宅を直視できない久保ではあったが、久保ならではの斬新な切り口で三宅とV6についてのトークを展開。さらに、久保が原案を務めた大人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』(テレビ朝日系)に登場するメインキャラクターのヴィクトル・ニキフォロフのモデルが三宅なのでは? とささやかれているウワサの真相にも言及した。

 なお、本放送回について能町は「ぜひ久保三宅ナイトをやって欲しい」、ヒャダインは「三宅さんが久保さんの解けないネガティブを解かした」、そして久保は「三宅さんはこじらせ界のヘレン・ケラー」と語っている。(リアルサウンド編集部)