エミネム、ラップ・バトル映画をプロデュース

写真拡大

エミネムがプロデュースしたラップ・バトル映画『Bodied』の予告編が公開された。

◆『Bodied』予告編映像

映画は、カナダ・トロントで行われているラップ・バトル・リーグの初代チャンピオンAlex “Kid Twist” Larsenが執筆した脚本に、エミネム(「Without Me」)やU2(「Elevation」)、ブリトニー・スピアーズ(「Toxic」)、テイラー・スウィフト(「Bad Blood」「Blank Space」)、レディー・ガガ、ミューズ、ディスティニーズ・チャイルド、ボン・ジョヴィ……ら多くのミュージック・ビデオを手掛けてきたJoseph Kahnが監督。Calum Worthy、アンソニー・マイケル・ホール、Jackie Long、それに実在のラッパーらが出演し、バトル・ラップのシーンとそれに取りつかれた白人の大学院生を描いているそうだ。

予告編では「バトル・ラップはボクシングじゃない。ストリート・ファイトだ」「言葉は武器だ」などと勇ましい声が聞かれるが、コメディ映画だとも表されている。

『Bodied』は来月7日、トロント国際映画祭でプレミアされる。

Ako Suzuki