トヨタ自動車とマツダの資本提携の報道を受け、4日の東京株式市場は取引開始直後からマツダ株に買い注文が相次いだ。マツダの株価は前日の終値より一時5%超値上がりした。一方、トヨタの株価は小幅に値上がりしている。今年2月にトヨタと業務提携で合意したスズキの株価は一時8%超上昇し、年初来高値を更新した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の折見世記氏は「電気自動車の台頭という変化に、危機感を持って対応している経営陣の姿勢が好感されている」とみている。