※大西礼芳オフィシャルブログより

写真拡大

TOKIOの長瀬智也が主演を務めるTBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』に天才サックス奏者・古沢塔子役で出演している女優の大西礼芳がブログで、共演者している日向サトル役の坂口健太郎が口笛を吹く姿を公開した。

「今日はごめん、愛してるの撮影。待ち時間に優雅に口笛を吹く 日向サトル氏。」と動画で紹介。爆笑する坂口の映像から始まり、途切れることなく口笛を吹く姿を写した。「口笛が得意なようで息を吹いても吸っても音が出せるので ブレスなしでずっと吹き続けられるそうです。」と坂口の特技であることを明かしている。

最後に「ちなみに、日向氏 ベネディクト・カンバーバッチと身長が同じらしいです。」と映画『ドクター・ストレンジ』などに出演するイギリス出身の俳優・カンバーバッチの身長と坂口の身長が同じ183cmであるという豆知識も披露した。

大西・坂口が出演する『ごめん、愛してる』注目の第5話は、律(長瀬智也)と若菜(池脇千鶴)、魚(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)。律は、今までになく心が落ち着いている自分を感じていた。そんなとき、若菜が仕事を失う事態に。働きたい、と訴える若菜を見て、凜華は彼女を日向家で雇い入れることを提案する。律は渋い顔だ。そして若菜から律について聞いた恒夫(中村梅雀)は、律があの時の子供だと確信する…。

TBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』第5話は、8月13日(日)よる9時放送。