彼氏の結婚への消極的な態度にやきもきしている女性は多いはず。

でも、「結婚したいな〜」と直接伝えても取り合ってくれない……。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、彼氏にさりげなく“結婚したい”と伝える3つの方法を男性ライターの筆者が男性目線でご紹介します。

 

■身近な人が結婚した話をする

「高校の同級生が今度結婚するんだけど、最近私たちの周りで結婚する人増えているよね〜」と言えば、”結婚したい”という気持ちをさりげなく伝えられます。

特に、彼氏と同い年の男性が結婚したことを伝えると効果的です。

男性は自分の結婚適齢期を明確に設定してないことが多く、30歳を過ぎても、「まだ結婚は早いでしょう」と考えています。

しかし、自分と同い年の男性が結婚した話を聞けば、「俺の年齢で結婚するのは普通なのかな?」と結婚を真剣に考え始めます。

 

■家族愛を描いた映画を一緒に見る

家族の感動を描いた映画を一緒に見て、「こういう家族って憧れるよね〜」「子どもってカワイイよね〜自分たちの子どもだと余計かわいく感じちゃうかもね〜」と言えば、”結婚したい”という気持ちをさりげなく伝えられます。

男性は結婚を計画的ではなく衝動的に決める傾向があります。

つまり、「結婚しよう!」と衝動的に言えるキッカケを作ってあげることが大切です。

そのキッカケを与えるという意味で、家族愛を描いた映画を一緒に見て、彼氏の結婚への意識を高ぶらせましょう。

 

■「結婚できなくても大丈夫」と伝える

「結婚なんて所詮形式でしょ?別に結婚しなくても一緒にいられれば私は幸せだよ」と言えば、結婚したい”という気持ちをさりげなく伝えられます。

男性は、「妻や子どもの責任を背負わなきゃいけない……」「俺の収入で結婚して大丈夫なのかな……」という結婚することに強いプレッシャーを感じています。

このプレッシャーが原因で結婚したくても、「結婚しよう」と言えないのです。

しかし、このように言えば結婚することを軽く考えられるようになります。

その結果、結婚へのプレッシャーが減り、結婚に対してポジティブに捉えることができます。

 

女性は早く結婚して安心したいと考えがちですが、男性は結婚に対しては楽観的です。

「まぁタイミングが合えばな〜」くらいにしか結婚を考えていません。

しかし、今回ご紹介した方法を使えば、彼氏の結婚への意識をガラッと変えることができるはずです。

【画像】

※  Versta/shutterstock

【関連記事】

※ もうそろそろ…彼に「結婚したい」と上手に伝える方法

※ 「遊びじゃないよね?」彼氏が結婚を考えている彼女にとる行動

※ 「早く終わらないかな〜」女子がエッチ中に考えていることって?

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)

※ B型男子×AB型女子の「体の相性」は?【カップル血液型占い】

※ いい加減にしろよッ!男をイラつかせる女子の言葉