出会いからしばらく経ったときの、自然なアプローチ法って?

写真拡大



こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。飲み会や合コンで出会って、「ちょっといいな」と思いながらも、そこから何かとバタバタ、間が空いしまって連絡しづらい…という経験ありませんか?


特に女子は、受け身の立場が多いので、気になる人に自分から連絡するとなると、かなり、ハードルが高かったりします。そんな時に役立つ情報を少しだけ紹介します。

■1.なるべく自然にいきたい

そもそも論ですが、会ってから、間を空けないことをまずは意識しましょうね(笑)。会った日から、翌日までが一番のベストで、空けたにしても3日以内に何かしらのコンタクトをとるほうがいいですね。


じゃあ、間を空けてしまった場合のスタンスとして、なるべく、自分の好意を露骨に相手に見せることなく、自然にアプローチする作戦をとりましょう。ここでがっつき感が出過ぎてしまうと、つながったあと、相手の男を「俺に惚れてるな」と調子に乗らせることになり、好きなようにコントロールされてしまうから。


男としては、間が空いているのにわざわざあなたから連絡があった時点で、多少なりとも、「俺に少しは興味あるな」と感じさせてしまう傾向は強いですからね。

■2.最近どう?

先に、NGを紹介しましょう。それが、「最近どう?」の唐突すぎるメッセージです。男からすると、「暇していて俺と遊んで欲しいのかなあ?」「明らかに俺のことに興味あるなあ?」、あなたの気持ちを推察されてしまう。だから、「最近どう?」は絶対、送ってはダメですよ。

■3.誕生日やイベント

自然な入り方としては、「誕生日」や「イベントごと」は自然なきっかけです。「誕生日おめでとう!」や「ハッピーニューイヤー!」「メリークリスマス!」などなどをLINEで送るとこからスタートします。「おめでとう!」の流れから、「今度、みんなで軽くご飯でもいきましょう」という展開にもっていけたりします。



誕生日と同じきっかけになりそうなのが、「ハッピーニューイヤー」「メリークリスマス」などのイベント。このタイミングもいいきっかけになると思います。とはいえ、そういったイベントがないと連絡できないの!?と思いますよね。大丈夫です、次の方法で連絡してみましょう。

■4.彼の情報を仕入れておく

1回目に会ったときに、色々と会話をする中で、彼から仕入れた情報をうまく活用するやり方。たとえば、彼が焼肉がすごく好きだという情報を仕入れたとしましょう。そうそれば、「この前、友達に紹介してもらって行ってみたら、美味しい焼肉屋あって○○くんも好きかも」というメッセージを、LINEで送るのはとても自然ですね。


あとは、彼が仮に福岡出身だという情報を知っていたなら、「この前、福岡行ってきて、○○、とても面白かったよ」という具合にLINEが送れます。なので、彼と話した会話の情報は忘れず、スマホにメモしたりしとくいといいですね。

■おわりに

女性だけでなく、男にも間が空いてしまって、連絡しづらい経験あります。どちらにしても、とにかく一発目の自然な入り方を、クリアさえすれば問題ありません。唐突感の無い、イベントのタイミングと前回、会話した内容に関連したメッセージを送ってみましょう。(TETUYA/ライター)


(ハウコレ編集部)