なんだか踏み出せないあなたへ。彼と別れるべき「引き際タイミング」って?

写真拡大



こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。唐突ですが、今、彼と別れようかどうか悩んでいる人いませんか?このままつきあっていて、いいのだろうか?情もあるし、どうしよう、と…。


今回、紹介する4つの項目が全て当てはまっている人がいたら、別れるタイミングにきているかもしれません。次の彼を見つける準備をそろそろ始めましょう。

■1.無理をすることが増えた

まずは、自分が無理をしていることが増えたと感じたとき。つきあい当初は、それもそれで楽しかったかもしれないけれど、最近は彼のペースに合わせることで、「私、無理をしているな」と自分の中で感じたときは、黄色信号です。



例えば、好きじゃないのに、彼の趣味を強要されて、一緒にやらされているとか…。自分もそんなにハートが強いわけじゃないのに、いつも、彼のグチを聞いてあげているとか…。簡単にいうと、二人の関係が割にあっていないなと感じることが増えたときは、引き際かもしれません。

■2.愛情表現が減った

次に、彼からの愛情表現が減ったり、無くなったと感じたとき。男全般に言えることなんですが、手にいれるまでは、出来る限りの力を使って、手に入れようと頑張ります。



ただ、手にいれた瞬間に、満足が満たされて、愛情はあるものの、「好きだよ」「かわいい」などの言葉や、スキンシップが疎かになっていく人が多いです。「はじめに使いきるなよ!」と女性としては言いたいですよね(笑)。


もちろん、ちゃんとできる男も中にはいますが、一番心配な男は、つき合い当初のアクセル全快男。付き合う前〜付き合い始めた頃は言葉での愛情表現やスキンシップに加え、デートに気合も入ってるし、プレゼントもくれるし…という男はキケンです。
こういう男に限って、このハイペースは長く続かないもの。だったら、マイペースな愛情表現をしてくれる男のほうがいいですよね。

■3.年齢を逆算してみる 

もし、あなたが、将来、子供が欲しいと思う人なら、出産から逆算した今の自分の年齢を考えてみる視点も大事。何歳で出産するには、いつまでに結婚すればいいかがわかる。すると、今の彼とこのままつきあっていいのか?自然とわかるはずですよね。



よく、男に結婚を迫ると、嫌われると思う人いるかもしれません。はい、男としては嫌です(笑)。ただ、結婚を迫るんじゃなく、「結婚を考えているか」の意識確認は、してもいいと思いますよ。ちゃんと考えている男なら、誠意ある対応をしてくれるはずです。

■4.自分の周りの環境が変わりそう

最後は、自分の周りの環境が変わったときは、引き際かもしれません。別れることのデメリットは、「寂しくなる」の一言。その気持ちを埋めてくれそうな出来事が起こりそう、実際、起こっていれば今です。



例えば、彼以外に気になる人ができたとか。仕事や趣味が面白くなってきたとか。今の彼と別れても、その寂しさを忘れるくらい集中できることができれば問題ありません。

■おわりに

引き際のタイミングって、ほんと難しいですよね。「気持ちが冷めてきたな」と言うもの以外に、やっぱり、何か理由が欲しいものです。今回紹介した内容は、決断するときの理由なると思います。


僕の提唱する恋愛リスクマネージメントの中で、「時間は貴重」というワードがあります。だから、無駄な時間を過ごすなら、早く新しい出会いを探すことを皆さんに臨みます!(TETUYA/ライター)


(ハウコレ編集部)