──『仕事に効く 教養としての「世界史」』をはじめ、数々の歴史本がベストセラーになり、今年は文藝春秋の「夜間授業」で「世界5000年史講義」も始められました。いまや出口さんといえば、“歴史の先生”という印象ですが、そもそもどうしてここまで歴史に傾倒するようになったんですか?

出口 ぼくの興味は歴史だけじゃないんですよ。小学校くらいから本が大好きになって読み始めて、小学校、中学校の図書館の本はほとんどぜんぶ読んだと思いますね。ぼくが本を読むときの基準は、おもしろいかどうかだけ。おもしろいと思った本を片っ端から読んでいるうちに、好きな分野が自然とできてきた。宇宙論、生物学、文学、歴史、宗教、哲学、それに美術も大好きですね。とくにきれいなお姉さんの絵が好きです(笑)。だから、歴史は7つぐらいある好きな分野のひとつにすぎないんです。


©文藝春秋

──ただ、その中でも、歴史の本をたくさん書かれていますね。

出口 じつはツイッターが始まりなんです。ライフネット生命を始めたとき、小さいベンチャー企業ですから、部下に「大手ではできないことをしろ、人とは違うことを考えろ」と言っていたんです。そうしたら、あるとき部下がぼくのところに来て、「出口さん、今日からツイッターをやってください」と指示する。「なんでそんなめんどくさいことをせにゃならんのか」と聞いたら、「保険会社の社長はまだひとりもやってません。普段ぼくらに『人とは違うことをしろ』と言っていますよね。出口さんは有言不実行ですか?」。そう言われて、しゃあないなと思ってツイッターを始めたんです。

 それから2カ月ぐらいして、たまたま京都大学で先生をやっていた友人が遊びにきました。教養学部でグローバルリテラシーという講座を持っていて、そこでイスラム史をやることになったというんです。「イスラム史整理するのが面倒くさいから、歴史オタクの君が代わりにやってくれないか」と言われて、ぼくも頼まれたら断らない人間なんで、「いいよ」と新幹線に乗った。

 1日に最低3回ツイートするというノルマを課されていたので、ちょうどいいやと思って、「今日は初めて母校の京大へ講義に行きます」とツイートしたんです。そしたら、フォロワーから「リスクマネジメントですか、ベンチャー論ですか」と聞かれたので、「いや、イスラム史です」とツイート。そしたら、「わたしも聞きたい」という人が何人も出てきて、「出口さんを呼んで講演してもらおう」という話になった。そこで「人が集まれば喜んで行きますよ」とツイートして、ノルマ3回をクリアです(笑)。

──そこから、いまに続く講演会が始まっていったんですね。

出口 それを年に3回ぐらいやってるうちに、100人、200人と人が集まるようになりました。その中に祥伝社の編集者の方がいて、「おもしろいから、本にしましょう」と言ってくださった。それが『仕事に効く 教養としての「世界史」』という本です。仰々しいタイトルで恥ずかしかったんですが、これが10万部以上出たんです。そこから“柳の下のどじょう”で、「教養」と名のつく本や、世界史の本がたくさん出版されるようになったという次第です。

読書と人脈づくりは似ている

──出口さんの本の影響もあって、いまビジネスパーソンの間ではちょっとした歴史ブームが起きていますよね。それについてはどう見ていますか?

出口 やっぱり歴史っておもしろいからじゃないですか。紙と文字が普及してから、いろんな人が、たくさんの歴史を書いてきました。自伝を書いて出版する人もいますしね。ただ、おもしろくないものは時とともに消えていくんですよ。その中で残ってきたものは、やっぱりおもしろいんです。事実は小説より奇なり、ですからね。古典と同じですよ。

──ただ、ビジネスパーソンの中には、おもしろいからというより、仕事に役立てようと思って、歴史を学ぶ人もいると思うんですが。

出口 それは「人脈をつくるためにはどうすればいいですか?」という質問に似てますね。人脈って“結果”なんですよ。来る者は拒まず、去る者は追わずで、オープンにたくさんの人と会って酒を飲んでいれば、その中からひとりぐらいは偉くなる人も出てくる。そこで結果的に人脈ができるわけで、最初から「人脈をつくろう」「この人は偉くなりそうやから付き合おう」という、さもしい気持ちで人と付き合っても、思い通りになるはずがないですよ。

 本も同じで、ひょっとしたらそのうち仕事に役に立つかもしれない──それぐらいのゆるい気持ちで読めばいいんです。人脈と本脈はいっしょだと思います。

──いい言葉ですね。「仕事の役に立てよう」「教養をつけなきゃ」というプレッシャーから本を読んでも、しんどいだけでしょうし。

出口 このまえ、「読書」をテーマに講演会をやったんです。そのとき40歳ぐらいの人が、「毎週一冊以上本を読んでるんですが、まったく身につきません。どうしたらいいでしょうか?」と質問してきたんです。「どんな本を読んでるんですか?」と聞いたら、「上司が無類の本好きで、毎週2、3冊おろしてくるんで、それを必死で読んでます」という。上司からおりてきた本を読んで、頭に入るはずがないですよね。だから、「ぜんぶブックオフに持っていって、自分が本当に読みたい本だけを読みなさい。そしたら頭に残ると思います」と答えたんですけれど。


©文藝春秋

──ただ、読みたいものだけ読んでいると、つい漫画になっちゃったりもするんですが……。

出口 漫画でもいいじゃないですか。ぼくもそこの本棚に漫画を置いてありますよ。

──あ、みなもと太郎の『風雲児たち』ですね。

出口 ちょっと付箋を挟んであるところを読んでみてください。

──幕末の長州藩、毛利家は徳川家に300年の恨みを抱き続けてきた……と書いてあります。

出口 そのページを読むと、「なんでお隣の国は70年以上前に終わった戦争の話をいつまでも蒸し返すんや」という考えが、いかに愚かで皮相的かが分かりますよね。250万石、300万石と言われた毛利家が、関ヶ原の戦いのとき大坂にいたというだけで、周防、長門二国に押し込められて37万石になってしまった。そりゃ、この恨み忘れまいと思いますよね。

──実際、長州は300年近くたってから、明治維新で恨みを晴らすわけですね。

出口 人間というのはそういう動物なんやということが分かるでしょう。漫画だって考えながら読めば、変な歴史書を読むより、はるかに勉強になりますよ。

知識と教養の違い。バカロレアの問題が解けるか?

──漫然と読むのではなく、「考える」のが大事なんですね。

出口 そこが知識と教養の違いでしょう。ぼくが30歳をすこしすぎたころですかね。英国大使館の英国人と飯を食っていたら、「日本人はなぜあんなテレビCMを許しておくんだ?」と言われたんです。

「法被を着たおじいさんが拍子木を叩きながら、『戸締まり用心、火の用心』と言うCMがあるだろう」「あるよね」「同じおじいさんが別のCMでは『人類みな兄弟』と言っている」。ぼくは「どっちもべつに悪いことは言うてへんな」と思った。でも、彼の見方は違った。「あのおじいさんはクレイジーだ。人類がみな兄弟だったら、戸締まりはいらないじゃないか」と言うんです。

──なるほど、言われてみれば矛盾してますね。

出口 これが教養ですよね。ぼくはそのCMを知識としては知っていた。でも、おじいさんの言っていることの矛盾には気づかなかった。知識と知識をつなげて組み立て、自分の頭の中で整理する能力が教養。「知識×考える力」が教養だといってもいいんですけれど。

──上司からおりてくる本を我慢して読んだり、仕事に役立てようと思って読むと、ただの知識になってしまう。

出口 しかも、おもしろくないから、すぐ忘れるんですよ。読書を含めて何事も好きこそものの上手なれということに尽きるんですよね。

──ただ、学生時代は歴史って詰め込み式の代表科目みたいなところがあったから、苦手意識を持っている人もいるかもしれません。

出口 それについては、この試験問題を見てください。好きなテーマをひとつ選んで、4時間で書くんですが。

(人文系)
・知るためには観察するだけで足りるか?
・権利をすべて行使することは正当か?
・以下にあるジャン=ジャック・ルソーの『人間不平等起源論』の抜粋テキストを解説せよ。

(経済・社会系)
・理性はすべてを説明しうるか?
・芸術作品はすべて美しいか?
・以下にあるトマス・ホッブズの『リヴァイアサン』の抜粋テキストを解説せよ。

──うっ……ひとつも書けない気がします。これ、どこの試験ですか?

出口 フランスの大学入試、バカロレアの問題なんですよ。おもしろいのは、人文系の学生にはルソー、経済・社会系にはホッブズを選んでることですよ。ルソーは原始状態の人間は平和で平等で、みんなが助け合う。だから直接民主制がいいんだという思想。それに対して、ホッブズは「万人の万人に対する戦い」が人間の本質だと考え、国家を重視した。あえて正反対の教材を選んでいるんですよ。よく考えられた問題です。こういう試験を受けて大学に行く学生は幸せですね。


©文藝春秋

──ヨーロッパの知識階級の人たちに教養があるというのは、こういうことなんですね。歴史をただの知識じゃなくて、「人間とは何か、社会とは何か」ということを考える材料にしているというか。

出口 ぼくが文藝春秋の「夜間授業」でやっているのもそういうことなんです。なんでこの時代にこういうことが起こったのか? その相互の関連はどうなのか? 常にそういうことを考えてほしいと思っています。

──たしかに出口さんの講義を聞いていると、「あの話とこの話がここでつながるのか!」という知的興奮のようなものを感じます。

出口 その一方で、「なんや、人間のやってることは昔も今も変わらへんな」と思うこともあるでしょう。

人間の脳は進化していない。歴史は生きた教材だ

──そうやって考えながら歴史を見ていくと、いろんな人間の行動が理解できるようになりそうですね。「夜間授業」でも、「定住以降、人類の脳は進化していないのだから、喜怒哀楽も経営判断もずっといっしょ。だから、昔のことを勉強することは役に立つ」という話をされてましたよね。

出口 「いま上司が怒ってるのは、あの時あの王様が怒ってたのと同じやな」とか、「あのときに反抗した部下はクビを切られたから、自分は黙っていよう」とかね(笑)。

──会社での身の処し方も学べると。

出口 人間は昔も今も、同じようなことを考え、同じように判断し、同じような行動をしてきた。逆にいえば、誰かの行動が理解できないということは、歴史の見方がまだ甘いということ。同じ人間なんだから、理解できるはずですよね。

 つまり、歴史は生きた教材なんですよ。事実は小説よりも奇なり。作られたビジネススクールの教材より、歴史のほうがおもしろいはずです。すこしリテラシーを上げて、いろんなものを結びつけて世界を全体としてとらえるようになれば、いろんなことに気がつくようになりますよ。

──そこまでいけたら、歴史を読むのはますます楽しくなるでしょうね。

出口 どんなことでも、「分かる」って楽しいんですよ。以前、イスタンブールの博物館でアレクサンドロス大王の石棺を見たんです。ものすごく立派な彫刻が施されていて、じーっと見ていたら、トルコ語でも表記があって、「イスカンダル」と書いてある。アレクサンドロスをトルコ語に直せばイスカンダル。「あ、『宇宙戦艦ヤマト』に出てくるイスカンダルって、アレクサンドロスだったのか。世界の果てまで行った大王と銀河の果てをかけていたのか。松本零士もアレクサンドロスが好きやったんやな」と連想が働く。

──なるほど。ぼくも同じものを見ましたけれど、そこまで連想できませんでした……。講義のあとの質疑応答でも、いつも立て板に水で答えてらっしゃいますし、出口さんには知らないことはないんじゃないかとさえ思えてきます。

出口 いや、ぼくも知らないことは山ほどありますよ。たとえば、いま週刊文春に連載している「0(ゼロ)から学ぶ『日本史』講義」でも、分からないことが出てくるたびに、友人の日本史の先生に聞いているんです。

 たとえば、奈良時代には光明子という有能な皇后がいて、年下の藤原仲麻呂(恵美押勝)を猫かわいがりしていました。二人は男女の関係にあったんじゃないかと思うほど仲がいいんですが、不思議なことに、宗教政策では正反対のことをしている。

 光明子は夫である聖武天皇の推し進めた仏教を大事にするんですが、仲麻呂は儒教に傾倒していく。仲麻呂にとって光明子は愛人であり、自分の権力の根源でもありますから、「わたしも仏教を勉強します」と言いそうなものなのに、そうしなかった。

 なんでなのか分からず、友人の先生に聞いたんですが、やはり分からない。想像をまじえて解釈するしかないんですが、光明子にとって仲麻呂は年下の“ポチ”でしょう。「中国にかぶれて、儒教、儒教と言っているけれど、好きにやらせておけばええわ」と鷹揚に構えていた可能性があります。掌の上で遊ばせていたという、“光明子お釈迦様説”です。

 もうひとつは、逆に仲麻呂が光明子をメロメロにさせていて、「おれが何をしようと、彼女はいうことを聞くだろう」と考えていた可能性もありますね。

──う〜む、現代の格差婚とか不倫の問題にも通じますね。歴史というフィルターを通すと、社会や経済を見る目だけじゃなくて、キャリア、恋愛、結婚など、人生の諸問題に対する心構えも変わってくる気がします。

出口 こんな話をしていると、また会社の若い社員に「出口さん、下世話な話をしないでください」と叱られてしまいそうですが(笑)。

──いやいや、そういう脱線も含めて、出口さんの歴史の話は本当におもしろいです。次回の講義も楽しみにしています!


©文藝春秋

* * *

夜間授業に今から参加はできないが、全11回を、1万800円(税込)でインターネットで視聴できる「オンライン受講」が、5月25日(木)に始まった。お申し込みは、http://yakanjugyou.com/deguchi/ へ。随時入会可能。

(「文春オンライン」編集部)