壊れた静脈を「接着剤」でふさぐ!?(写真提供:北青山Dクリニック)

写真拡大

 体への負担が非常に少なく、治療時間も短い次世代の治療法が注目を浴びつつある。それが「グルー治療」だ。血管内にカテーテルを挿入して、医療用の瞬間接着剤を注入して患部の静脈をふさぐ。これまでの「下肢静脈瘤」の治療概念を大きく塗り替える可能性があるグルー治療とは、いったいどのようなものなのだろうか?

下肢静脈瘤とは? 治療法は?

 下肢静脈瘤とは、太ももやふくらはぎ、膝の裏に、こぶのような膨らみや、網目状・クモの巣状の青黒い血管がうねったり、浮き出たりするもの。

 静脈血は心臓に向かって、上へ上へと断続的に流れているが、血液が逆流しないよう「ハの字型」の逆流防止弁がついている。その弁が何らかの理由により壊れると、その場所に血液がよどみ溜まり、瘤(こぶ)などを形成してしまう。

 命にかかわる疾患ではないが、脚が重い、だるい、かゆい、こむら返りが頻繁に起こるなどの症状に悩む人は多い。もちろん、脚の裏側がデコボコになるなど「見た目」の問題も切実だ。

 現在、下肢静脈瘤に対して医療機関で行われている治療法には、おもに3つある。

 1つめは、静脈瘤ができている血管に硬化剤を注入し、静脈自体をふさぐことで瘤をつぶす「硬化療法」。2つめが、弁が壊れた静脈そのものを引き抜いてしまう 「ストリッピング手術」。3つめが、レーザーファイバーを患部の静脈に挿入し、血管の内側からレーザーで静脈を焼いてふさぐ「レーザー治療」だ。

 レーザー治療には、健康保険が適応される波長1470ナノメートルの機器と、静脈をふさぐ処理効率が高く痛みや治療時間を短くできる2000ナノメートルの機器がある。こちらは自費診療となる。硬化療法とレーザー治療は、日帰りでの治療が可能だ。また静脈瘤がある血管をふさいでしまっても、他の静脈が血液を心臓に戻すので全く問題はない。

 現在、主流となっている治療法はこのレーザー治療だが、数年以内には 「グルー治療」が台頭してくるのは必至だ。 下肢静脈瘤に対しての「グルー治療」は欧米ではすでにかなり普及しており、有用性は高周波レーザーでの治療と同等かそれ以上とされている。

 ちなみに下肢静脈瘤の治療は何科を受診すればいいかといえば、血管外科の専門医が治療を行う医療機関を受診してほしい。

グルー治療は広範囲の麻酔と術後の弾性ストッキングが不要

 グルー治療は、1990年代から胃食道静脈瘤や脳動脈奇形などの治療に用いられてきた。その後、欧米では下肢静脈瘤の治療にも使用されるようになり、すでに血管外科の名医たちにより、多数の論文で人体への安全性と治療の有効性が確認されている。

 下肢静脈瘤のグルー治療(ベノクローズ)を、国内でいち早く導入している北青山Dクリニック(東京都港区)の阿保義久院長に話を聞いた。

 「グルー治療のもっとも大きなメリットは、広範囲の麻酔が不要で、複数の部位に針を刺すことでの内出血や、術後の麻酔による違和感を抑えられること。そして痛みや出血もほぼないことだ」と語る。  

 他の治療法との差異はどこにあるのだろうか?

 阿保院長は「硬化療法は、硬化剤の接着力が弱いので、治療できる部位が比較的細い血管に限られる。そして再発率も高い。レーザー治療は比較的広範囲の麻酔が必要で、レーザーで血管内を焼灼(しょうしゃく)する際に、確率は低いとはいえ血栓が生じるリスクがある。そのため治療後は、3週間ほどエコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)やむくみの予防のため、弾性ストッキングを着用する必要がある。

 一方のグルー治療は、接着力が非常に強いため、太い静脈でも数十秒で血管内を閉塞することが可能。トータルの治療時間は10〜20分程度だ。再発率もきわめて低く、麻酔は狭い範囲で済み、治療後の弾性ストッキングの着用も必要ない」と語る。

 ではどうして、日本国内でこのすぐれたグルー治療の普及が進まないのかというと、どうやら医療用材料メーカーの思惑があるよう。グルー治療が現段階で普及してしまうと、問題があるのかもしれない。おそらく国内で下肢静脈瘤に対するグルー治療が一般的になるのには、2〜3年後になる見通しだ。

 ちなみに治療価格は、接着剤の薬剤費が高いため片足で30万円ほどかかる。まだごく一部の医療機関でしか受けられないが、下肢静脈瘤に悩む人には一考に値する治療法だといえるだろう。
(取材/文=渡邉由希・医療ライター)

 
阿保義久(あぼ・よしひさ)
北青山Dクリニック院長、血管外科・腫瘍外科医。
1993年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院第一外科、虎ノ門病院麻酔科、三楽病院外科、東京大学医学部腫瘍外科・血管外科を経て、2000年に北青山Dクリニックを設立。2004年、医療法人社団DAP設立。2010年、東京大学医学部腫瘍外科・血管外科非常勤講師。
国内で初めて下肢静脈瘤の日帰り根治手術を発案したパイオニアとして、総治療実績は3万例を超える。現在は、「日帰り手術」「予防医療」「アンチエイジング」を三本柱に、下肢静脈瘤を中心とした日帰り手術を行うほか、病気の発生を未然に防ぐための人間ドックや抗加齢医療などを積極的に提供。2009年からは、がんの遺伝子治療にも精力的に取り組んでいる。