火災が発生したアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの高級超高層マンション「ザ・トーチ」(2017年8月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で4日未明、ドバイ・マリーナ(Dubai Marina)地区にある高級超高層マンション「ザ・トーチ(The Torch)」の中層階から出火し、上層階まで火に包まれた。

 パニックになった住民らが避難する騒ぎとなったが、地元当局によると火はすでに消し止められ、現在のところ犠牲者の情報もないという。火災の原因は分かっていない。

 ドバイ防災当局が公開した消火後の写真では、低層階には明かりが見えるが、中〜上層階は完全に焼け落ちたように見える。

 建設直後は世界最高の住宅用ビルだったザ・トーチでは2015年にも火災が発生し、近隣住民も避難する騒ぎになった。可燃性の外装材が使われていることによる高層ビル火災が相次いだことを受けてドバイ当局は今年1月、防火規則の強化を発表していた。
【翻訳編集】AFPBB News