弁護士の大渕愛子氏がブログで、次男・昴生くんの頭の形を整えるための矯正用のヘルメット治療の経過報告をしている。

大渕愛子公式ブログよりスクリーンショット

 大渕氏は5月20日付のブログで、「生まれた時から少し気になることがありました 頭の形 頭の半分、左側が絶壁になっていて、全体的に歪みがありました」と昴生くんの頭の形についての悩みを明かしており、その後、赤ちゃんの頭の形を変えられるヘルメット治療を試すことにしたと報告していた。

 そしてヘルメット治療から10週間がたったという8月3日付のブログで大渕氏は「ヘルメット治療を開始する前、頭の形外来を初めて受診した際に、頭を測定してもらったところ、左右の差が17个如◆慇犠鑒楼呂楼豬紊覆里如傾頭の程度としては重度』と診断されてショックを受けましたが…昨日の診察で計測したところ左右の差が、8个法!とうとう一桁になりました。治療開始から10週間で、正常範囲まで改善されるとは思っていなかったです」と治療の効果が出て、かなり改善されたことを喜んでいる。

 さらに「頭の後ろの絶壁部分がだいぶ出て来て、先生の測定によると、前回の診察からの3週間で、6个眄長しているとのこと」と後頭部の形も正常に成長していることを明かした。最後に昴生くんの現在の写真を掲載し「ヘルメットを外したときに、いつもたくさん汗をかいているので、それを見ると、とても可哀想に思いますが…昂生ががんばってくれているおかげで、こんなに効果が出ました。ありがとう、昂生。先生にも、昂生にも、感謝です」とお礼の言葉を述べ、ブログを締めている。