ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

2017年8月4日(金)から11月5日(日)まで、“ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」”が開催される。横浜トリエンナーレは3年に1度の現代アートの国際展で、会場は横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜氏開港記念会館 地下ほか。アーティストを厳選し、その多くが複数作品を展示することで、小さな個展群が緩やかにつながって星座や多島海を形作るような展覧会として構成される。休場日は第2木曜および第4木曜。開場時間は10:00〜18:00で、10月27日(金)〜10月29日(日)と11月2日(木)〜11月4日(土)は20:30まで開場する(いずれも最終入場は閉場30分前まで)。

本イベントのタイトルに含まれる島 / 星座 / ガラパゴスは、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワードだ。相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考え、先行きの見えない複雑な時代に、人間がどのような可能性をひらくことができるかを横浜ならではの視点で発信する。

見所の1つとして、メイン会場となる横浜美術館の外壁と柱には、アイ・ウェイウェイ(艾未未)氏が手掛けた大型インスタレーションを展開。このインスタレーションは難民問題に関する作品で、救命ボートと難民が実際に使用した救命胴衣が用いられている。また、館内のグランドギャラリーでは、ジョコ・アヴィアント氏が注連縄(しめなわ)から発想したダイナミックな新作を展示。2000本のインドネシアの竹が独自の手法で編み上げられており、自国で失われつつある伝統文化や人間と自然の共生について考えるきっかけとなる。

3つの会場(横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館 地下)へ会期中に1回ずつ入場できる「ヨコハマトリエンナーレ2017鑑賞券」の当日券は、一般1800円 / 大学・専門学校生1200円 / 高校生800円 / 中学生以下無料。このチケットでのそれぞれの会場への入場は別日程でもOKで、入場当日は同一会場に限り再入場できる。

■期間:
2017年8月4日(金)〜11月5日(日)

■開催場所:
横浜美術館
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

横浜赤レンガ倉庫1号館
神奈川県横浜市中区新港1-1-1

横浜市開港記念会館 地下
神奈川県横浜市中区本町1-6

■問い合わせ先:
横浜トリエンナーレ組織委員会事務局
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
url. http://www.yokohamatriennale.jp/