「24時間マラソン」シークレットランナーに何とキムタクが急浮上する理由!

写真拡大

「今年の24時間マラソンのランナーは当日発表します」

 7月30日放送の「行列のできる法律相談所」で司会の羽鳥慎一による驚きの発表が、波紋を呼んでいる。

 日テレの夏休み恒例チャリティ番組「24時間テレビ」が放送まで1カ月に迫る中、今年は誰がマラソンランナーを務めるのかが注目の的となっていた。

 日テレ関係者からは戸惑いの声が漏れる。

「例年はGW明けにランナーが発表され、その後、24時間走り続けるためのトレーニングに密着するというのが恒例行事になっていた。ところが今年に限っては、当日武道館にいる人の中からランナーが決められるというのですが、練習もせずにいきなり100キロ近い距離を走れる芸能人などいるわけがない。箱根駅伝のように複数人がリレー方式で走るのなら別ですが…」

 一部では、佐々木希と結婚した渡部建、同じく昨年末に結婚したりゅうちぇる、他にも来年にも退社がウワサされる水ト麻美アナなどが候補に挙がっているが…。

「実は、サプライズで木村拓哉がランナーを務めるという説が浮上している。SMAPメンバーでは読売ジャイアンツ好きを公言する中居正広が日テレと蜜月なのに対し、キムタクは、解散騒動が起きる前の15年まで、SMAPとして明石家さんまとのクリスマス特番に出ていた程度で日テレとは縁が薄かった。ところが、SMAP解散後は、そのキムタクが日テレに猛営業を掛け、出演交渉をしている。今年6月には『世界の果てまでイッテQ!』の出川哲朗のコーナーにすでに出演しているのも布石めいたものを感じます。SMAP解散騒動では、すっかりついて裏切り者のイメージを脱却するためなら背に腹は変えられないということでしょう」(芸能デスク)

 解散騒動で裏切り者のイメージがついたキムタクの「みそぎラン」にはもってこいの舞台だが、果たして…。