PSG移籍のネイマールが決意表明 「このクラブには最も大きな競争力と野心がある」

写真拡大

PSG公式サイトでコメントを紹介 「加入できたのは望外の喜び」

「このクラブには最も大きな競争力と野心がある」――ブラジル代表FWネイマールの、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍がついに正式決定した。

 PSGはクラブ公式サイトでネイマールの加入コメントを紹介。パリの地で世界ナンバーワンプレーヤーになるための野心を包み隠さず語っている。

 同サイトによるとネイマールはPSGと2022年6月30日までの5年契約を正式に締結。「世界中で絶大な人気を誇っていて、彼の素晴らし紙技術と決定的なプレーで称賛されている。パリ・サンジェルマンのファミリーとしては、彼の加入によって今まで以上に世界のサッカーの頂点へとたどり着くことを目指します」とその方向性を包み隠していない。

 その思いはネイマールにとっても同じのようで、PSG加入後初のコメントとして以下のように記されている。

「パリ・サンジェルマンに加入できたのは望外の喜びだよ。ヨーロッパに着いた時から、このクラブは最も大きな競争力と野心があるクラブの一つだった。僕を最も駆らせたのは、新たなチームメートとともにプレーし、ファンが求めるタイトルを獲得することにある。大きなチャレンジだよ。PSGの野心は僕にとって魅力的で、情熱を込めるエネルギーとなる」

移籍決断で「僕は何でもする」

 PSGのナセル・アル・ケライフィ会長も「我々パリ・サンジェルマンがネイマールを迎え入れることに、大きな喜びと誇りを持っている。ネイマールは今や世界のフットボールでベストプレーヤーの一人だ。彼の勝者のメンタリティー、キャラクターの強さ、リーダーシップなど偉大なプレーヤーだ。彼はこのクラブにとてもポジティブなエネルギーをもたらしてくれるはずだ」と期待値の高さをうかがわせる。

 世界ナンバーワンプレーヤーとなるために選んだのは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとチームメートでプレーするのではなく、PSGの絶対的エースになること。その決断を下したネイマール。こうも決意表明している。

「僕は今日から新たなチームメートのために尽くし、僕のクラブに新たな地平線を築き、世界中の数多くのサポーターに幸せをもたらすため何でもする」。果たしてネイマールは、花の都パリでどのようなプレーを見せてくれるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images