「SPRiNGS」の(左から)高橋花林、本宮佳奈、日岡なつみ、高田憂希

写真拡大

 「温泉むすめ」のインタビュー後編。先週に引き続き、今月20日に初コンサートを開く9人組のメーンユニット「SPRiNGS」から草津結衣奈役の高田憂希さん、秋保那菜子役の高橋花林さん、有馬輪花役の本宮佳奈さん、登別綾瀬役の日岡なつみさんの4人から楽しい話を聞かせていただきました。

 ――それぞれが演じるキャラクターはどんな印象ですか?

 高田「草津はとにかく元気で明るくて、やりたいことに向かって突っ走る子。オーディションの時に自分で演じたいキャラクターを選ぶことができたんですけど、一番気に入ったのが草津でした」

 高橋「まず『あきう』が読めなくて(笑い)。ネットでどこにあるどんな温泉なのか調べました。最初は内向的な印象だったんですけど、実際は明るい子で、イベントでやるラジオドラマでギャグを言う場面もあって驚きました」

 本宮「輪花ちゃんはツンデレで素直じゃないんですけど、本当はすごく頑張り屋。ダンスも影で努力してたり、私も見習いたいと思うくらい根は真面目な子です」

 日岡「綾瀬はお姉さんキャラで、セクシーな部分もあって、今まで私が演じたことがないチャレンジ的なキャラクターです。北海道の温泉で、私も出身が北海道なので、自分の地元を盛り上げられたらいいなと思って選びました」

 ――一緒に活動をしていく中で、それぞれの立ち位置みたいなものは出来ていますか?高橋さんは6月のイベントで、ユニットメンバーの桑原由気さんの「ジェットバス」に対する「バブルバス」が誕生しましたが。(桑原が「桑原由気でー?」と言うとファンが「ジェットバス!」、高橋が「高橋花林でー?」と言うとファンが「バブルバス!」と言うかけ声がある)

 高橋「真面目なので、台本に書かれたことはちゃんとやるんです(笑い)」

 日岡「花林ちゃんは基本的に真面目でしっかり者だよね。佳奈ちゃんはどうだろう?」

 本宮「私は…どうなんだろうね?」

 日岡「たまにボケるよね(笑い)」

 高田「天然だよね(笑い)」

 本宮「天然なのかな〜?でも、頑張って笑わせようとはしている」

 高橋「それは伝わっている(笑い)」

 高田「(イベントの)MCの時に、佳奈ちゃんが面白そうだから振る順番を最後にしようって時はある」

 ――高田さんはこれまでにユニットのセンターやリーダーの経験はあるんですか?

 高田「この温泉むすめが初めてです」

 ――イベントでMCをしている姿を見るとすごく慣れている印象があります。

 高田「本当ですか?」

 日岡「すごくまとめてくれてます」

 本宮「リーダーって感じがすごく出てる」

 高橋「安心感があるよね」

 高田「本当に!?みんな本当に言っている?ここ絶対使って下さいね?(笑い)」

 高橋「周りからちゃちゃを入れる時でも、ゆうゆう(高田)が拾ってくれるから何でもできちゃう」

 高田「でも、盛り上がってる所に乗っかりがちなので、話を戻せなくなる事はあります。それを戻してくれるのがなっちゃん(日岡)かなって」

 日岡「本当に?」

 高橋「お姉さんだね」

 本宮「本当にそう。なっちゃんはお姉さん」

 高田「かと思うと、とんでもない天然発言をする時もあるんですけど(笑い)」

 日岡「あんまり話を聞いてない時あるよね(笑い)」

 高田「マイペースな感じは登別と似てるなって思います」

 ――この先もどんな展開が待っているのか楽しみな「温泉むすめ」ですが、それぞれやってみたいことはありますか?

 高田「それぞれのキャラクターが描かれた、それぞれの温泉地の温泉の素(入浴剤)が欲しいなって思います。あと、海外にも温泉があると知って驚いたので、行ってみたいです」