iPhone 8では顔認証・SmartCam・ARと、カメラにまつわる新機能が目白押し。新たに発見されたデータによれば、60fpsの4K撮影も可能になるようです。

iPhone 8はFaceTimeカメラでも4Kで撮れる?

『HomePod』の制御に使われるファームウェアから発見されたデータによれば、iPhone 8はiSightカメラだけでなく、FaceTimeカメラでも4K撮影ができるようです。しかも、iSightカメラ・FaceTimeカメラともに60fpsで撮影できるとみられます。

「fps」とは動画の毎秒のフレーム数を指します。数が大きいほど動きが滑らかな動画になり、スロー再生したときの不自然さもなくなります。ただ、フレーム数が多いほど扱うデータも増えるので、それに対応した処理能力・ストレージも必要です。

iPhone 8の仕様がもしこの情報通りなら、『iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』との違いは以下の通りになります。


『iOS 11』では『ARKit』によって、カメラを通して見た景色にCGを合成する拡張現実(AR)アプリの普及が見込まれています。fpsの向上はARアプリにとって好材料だ、と『Mac Rumors』は指摘しています。

参考

HomePod Firmware Suggests iPhone 8 May Record 4K Video at 60 FPS With Both Front and Rear Cameras - Mac Rumors