江戸時代のふぐ料理禁止令…でも庶民はお構いなし!ふぐ料理が法律を破って大発展

写真拡大 (全4枚)

第1回は、フグと日本人の出会いについて紹介しましたが、

今回は近世以降にフグ料理の発展についてを紹介していきます。

天下人も大あわてした、フグ料理ブームが到来!

フグが歴史の表舞台で注目されたのは、豊臣秀吉による文禄の役(1592年)、一度目の朝鮮出兵が行われた時でした。半島へ攻め込むため、各地から九州に武士を集めたわけですが、その途中の下関で騒動が起こります。

下関といえば今でもフグの一大産地ですが、当時もフグは特産であったらしく、何も知らずにフグ内臓までも煮て食べた武士達が中毒死してしまったのです。これに仰天して憤慨した秀吉は『この魚食うべからず』と御触れを出すことにしました。

この秀吉とフグにまつわる逸話が、江戸期におけるフグ禁止令の先駆けであり、当時フグを煮て食べていたことを今に伝えています。

武士はフグを食うべからず!

豊臣政権が滅んで徳川幕府が開かれても、秀吉の命令に端を発するフグ禁止令は長く続きます。特に武士へのお達しは厳格を極め、フグ毒で死んだ場合は家禄没収や家名断絶などの厳罰で臨んでいました。主君に捧げるために命は取っておくべきなのに、フグと引き換えに死ぬのは許し難いことだったのです。

また、フグは毒に当たると死ぬことから、主に西日本で“鉄砲”、“てつ”と呼ばれていました。今ではフグ鍋をてっちり、刺身をてっさと呼びますが、それはフグを指す隠語が鉄砲だった頃の名残なのです。

庶民はこっそりフグを食べる。解毒剤は…夏野菜のアレ

しかし、武士と並ぶ江戸時代の主役である庶民はこっそりとフグを食べ、その美味に舌鼓を打っていました。江戸初期に記されたとされる『料理物語』では“ふくとう汁”と呼ばれ、味噌と醤油で味付けしたフグのお汁に、にんにくと茄子を入れた物が記載されています。

ニンニクは薬効、ナスは毒消し効果(本当にあったのでしょうか?)を期待されていたためにフグと共に食べられていたのは想像に難くありませんが、これらはいずれも夏野菜であるため、当時からフグは夏にも食べられていたことがわかります。

松尾芭蕉もおっかなびっくり句に詠んだ

『料理物語』のふくとう汁以外にも、鍋物のように豆腐やネギと煮込んだフグ汁も広く食べられており、かの松尾芭蕉も俳句にしていました。

『あら何ともなきや きのふは過ぎて ふくと汁』
『河豚汁や 鯛もあるのに 無分別』

前者はフグ汁を食べた前日の思いつめた心境の空しさを、後者は安全で美味しい鯛を捨ててまでもフグを食べたがる愚かさを詠んでいますが、それほどにフグの美味しさは人を虜にしていた事を示しています。

『跡で聞きゃ 肝のつぶれる 刺し身なり』と言う川柳もあることから、お刺身(てっさ)として食べられていたことも分かりますが、どちらかといえばまだマイナーな存在でした。こうして不遇をかこったフグ料理が日の目を見るのは、幕末、明治になってからでした。