写真はイメージです

写真拡大

2017年の“流行語”のひとつ「忖度」。長年裁判傍聴をしている著者の北尾トロ氏は、良好な関係に見えたある夫婦が、官僚が政治家の気持ちを推し量るレベルで、互いを忖度したがために、最終的には妻が売春し逮捕された事件をレポート。そこから学ぶべき夫婦関係の掟とは?

■仲のいい夫婦がハマった「忖度」の落とし穴

今年になって、悪い意味で一般的になった言葉「忖度」。「他人の気持ちを推し量ること」という意味で、森友・加計学園問題を巡り官僚が政治家の気持ちを推し量りすぎたため“流行語”になった。

これが政治ではなくビジネス社会の話になると、上司や同僚、取引先担当者の心の動きをキャッチして先を読んで行動することは、ビジネスマンにとって必要な能力でもあり、うまく発揮できれば”気遣いができる”とか”配慮が行き届いている”といった評価につながることもある。

でも、気が利くのは良いけれど気を回しすぎるのは良くないと言われ、また気遣ってばかりいると大事なことを見落としてしまうとも言われる。というように、「忖度」の運用は案外難易度の高いものなのだ。そこで、数年前に東京地裁で傍聴した事件を紹介しつつ、忖度の落とし穴について考えてみよう。

堅実で美人な専業主婦が売春で捕まるまで

罪状は、売春防止法違反。被告人の女性が路上で声をかけた男が刑事だったことから、あえなく現行犯逮捕された事件である。捕まった側にしてみれば、ついてなかったと思っても不思議じゃないケースだが、「今の気持ちはどうか」と弁護人に尋ねられた被告人は、「捕まってホッとした」と答えた。

被告人は風俗店などの組織に属さない30代の主婦で、スリムな美人。出会い系サイトなどで相手を探しては、援助交際という形の売春行為を重ねていたという。具体的な期間や回数は明かされなかったが、少なくとも数カ月間、月に数回のペースで売春したらしい。

捕まった日は、たまたま約束した相手が現れず、やむなく道行く人から適当な男を選んで声をかけたそうだ。それが刑事だったのは素人らしいミスといえるかもしれないが、どうにも違和感がある。路上で見ず知らずの男を誘うのはリスキーだし度胸もいる。しかも時間帯は夕刻。“プロ”ならいざ知らず、素人の主婦売春でそこまでする理由は何か。

そこには、なんとも理解しがたい忖度しすぎな夫婦関係があったのだ。

被告人の夫はある企業の中堅社員で、売春に手を出す以前は専業主婦として不自由なく暮らしていた。夫の性格は優しくて真面目。被告人も同様の性格で、どちらかといえばおとなしい部類。きちんと家事をこなし、堅実に貯蓄に励み、順調な人生だと感じていた。子どもはいないが、ケンカすらほとんどしたことがない仲良し夫婦だった。

■解雇されたが「妻を不安にさせたくない」という忖度

しかし、転換期が訪れる。

夫がリストラされてしまったのだ。そして、妻を不安にさせたくなかった夫はそのことを言いそびれてしまう。自分にはそれなりのキャリアもあるし、間を置かず転職先が決まるだろう。妻には仕事が決まってから事情を説明すればいい。そう考えた夫は、何食わぬ顔でこれまでどおりの生活を続けることにした。これが夫婦間の最初の忖度だ。

朝はいつもと同じ時間に家を出て職探し。夜は定時退社を装って早めに帰宅することもあれば、残業した体で遅く帰ることもある。ときにはひとりで一杯やって、同僚と楽しく過ごしたフリもした。給料が振り込まれないことについては経理上の混乱など適当にごまかしていた。

だが、被告人は初期の段階で夫が職を失ったことに気づいていた。そして思う。あの人が隠そうとしていることを自分の方から暴き立てるわけにはいかない。そんなことをしたら夫のプライドは傷ついてしまうだろう。転職活動がうまくいくのを待とうと決め、気づいていない演技をするのだ。これが夫婦間の2つめの忖度になる。

仕事はなかなか決まらなかった。給料が入らないから、貯金を切り崩して生活費に当てるしかないが、それに関して一言も尋ねてこないのをみて、夫は妻が失業のことを察していると確信する。普通なら、ここらですべてを打ち明けるべき場面だろう。

忖度の“応酬”の末、美人妻はカラダを売る決意

ところが、そうはならない。夫は妻の気遣いに感謝はするのだが、知らないふりをしてくれているのだから、自分も気づかない演技を続行しようと考えるのである。3つめの忖度だ。

「いってくるよ」と毎朝出かけていく夫。行き先は公園、ハローワーク、安いカフェ。
「いってらっしゃい、気をつけて」笑顔で見送り、ため息をつく妻。

どんどんおかしなことになっていくのを、ふたりとも止められない。偽りの生活が1年に達する頃には、通帳の残高も心もとなくなり、このままでは立ち行かなくなることが目に見えてきた。妻は、夫も精いっぱい頑張っているのだから、ここは自分が内助の功を発揮する番だと決心する。これが4つめの忖度となる。

■「出会い系サイトの援交なら夫にバレずに稼げる」

大事なのは専業主婦という形態を崩さずに、ある程度の金を稼ぐことと、夫の転職が決まったらすぐやめられること。もちろん働いていることがバレてはならない。この条件を満たす仕事は何か。

「出会い系サイトの援交なら短時間で稼げそうだと知り、やってみることにしました」

風俗店で働こうとしなかったのは、時間の拘束を受けるし、なんとなく怖そうなイメージがあったから。夫のことを大切に思いながら、カラダを売ることには抵抗がなかった。被告人にとっては、夫以外の男に抱かれることより、波風を立てずに生活していくことのほうが優先順位は高かったのである。

妻の副収入に気づいた夫はそれを“黙認”した

そんなことより「夫婦間でちゃんと話し合え」と言いたいが、まだ先がある。妻が副収入を得て家計を支え始めたことに夫が気づくのだ。ところが、どういうことか何の仕事をしているか確かめようとはしなかった。この5つめの忖度により妻は逮捕されることになる。裁判時の夫の証言はこうだ。

「短時間でそれなりの高収入を得ていることから、水商売、あるいは風俗店ではないかと推察しました。気にはなりましたが、無職の私を支えるためにそこまで尽くしてくれているのかと。実際、妻の稼ぎで助かっていることもあり、妻が何をしていようと原因は私にあると思い黙っていました。そして私は、一日も早く転職を実現させることで妻の愛情に報いなければならないと、あせる気持ちで職探しを……」

それは違う、と傍聴人のすべてが心の中で叫んだと思う。今すぐ妻にリストラされた事実を打ち明け、妻がしている仕事をやめるように伝えるべきなのだ。

■なぜ妻は「捕まってホッとした」と証言したのか

結果、妻は逮捕されたわけだが、もし刑事に声をかけなければ、真実を打ち明けないまま、夫婦の“忖度合戦”はどこまでも継続されていただろう。だからこそ被告人は、「捕まってホッとした」と証言したのだ。

結婚する前から本音でぶつかりあうことを避けてきた結果、トラブルに正面から向き合うことができず、夫婦関係に波風を立てないことが目的となる。ふたりの取った行動は、いつかは破綻すると知りながら、力を合わせて苦難に立ち向かうことを最初からあきらめた態度にも思えた。

相手の気持ちを推し量っているうちに、現実から目をそらすことに慣れてしまう。こうしたことは我々の身の回りでしょっちゅう起きていることでもあるだろう。いましている忖度は客観的に見ておかしくないか、立ち止まって考える余裕を持ちたい。

結局、夫は「まだ無職です。条件が合わなくて……」

ちなみに、被告人の夫はなぜこんなことになったのか、最後までわかっていないようだった。いまどうしているかと裁判長に尋ねられ、次のように答えたのだ。

「まだ無職です。なかなか条件に合う仕事がなくて……」

あんたがいまやるべきことは、贅沢言わずに職を見つけて、奥さんにいらぬ忖度をさせない環境を整えることなんだよ! 

執行猶予付き判決を受けた妻が、本格的に風俗店で働き始める日は遠くない。そう思った傍聴人は筆者だけではなかったに違いない。

(コラムニスト 北尾 トロ)