田中秀子・博水社社長

写真拡大

レモンサワーのブームで、割り材の元祖「ハイサワー」にも追い風が吹いている。「わ・る・な・らハイサワー」の博水社は、社員20人の中小企業だが、商品づくりには徹底的にこだわっている。37年目を迎えるロングラン商品の秘密とは――。

■レモンサワーブームで業績好調

「レモンサワー」がブームになっている。レモンサワーとは、焼酎などの蒸留酒にレモン果汁とソーダを加えたアルコール飲料。さっぱりとした飲み口で、夏場にはうってつけだ。各社が新商品を競い合って開発しているが、「元祖」といえば、発売から今年で37年目を迎えるという博水社のお酒を割る炭酸飲料「ハイサワーレモン」ではないだろうか。かつて放送されていた「わ・る・な・らハイサワー」「お客さん、終点だよ!」というテレビCMに馴染みのある人も多いだろう。

レモンサワーのブームを追い風にして、業務用のハイサワーレモンの売れ行きも急増している。出荷数は3年連続で増加し、2016年は前年比7%増の約229万本、特に2016年後半10〜12月では前年同期比の約25%増となった。

また、これまでは関東圏が中心だったが、名古屋、大阪、京都など関東以外にも販売網を拡大している。2016年10月からは居酒屋チェーン「塚田農場」の全国140店で、ハイサワーレモンをジンで割る「極レモンサワー」をオリジナルメニューとして提供。全店で1日4000杯が飲まれる人気商品となっている。

ハイサワーレモンの特徴は、上質のレモン果汁だ。通常は、皮ごとレモンを押しつぶして搾汁するが、博水社では、イタリア・シチリア島の契約農家で手摘みされたレモンを輪切りにして、果肉の中心部30%だけを搾るというぜいたくな「真ん中搾り」を採用している。そうすることで、皮のしぶみなど雑味や農薬が入らないという。

このハイサワーレモンを開発したのは、現社長の田中秀子(56歳)の父で、博水社2代目社長の田中専一だ。1981年の発売当初から、基本的にレシピは変えていない。レモン果汁に炭酸水、天然オイルを複数調合した秘伝のレモンフレーバーを加え、隠し味に微量の白ワインが入っている。甲類の焼酎や麦・米焼酎で割るとよく合うが、芋焼酎には合わない。

意外なことに、商品名は専一がこだわり抜いて開発したため、商品名を付けるに当たって、「俺サワー」「我サワー」「田中サワー」など珍案も出たが、専一はふと『吾輩は猫である』を思い出し、「我輩が作ったサワー」ということで「輩サワー」と命名、商標登録も「輩サワー」で取得した。ハイサワーが商標登録されて、他社は使えなくなったので、一説には「ハイ」と「サワー」に分かれて、○○ハイが関西、○○サワーが関東で広がったと言われている。

■女店主の愚痴から開発されたダイエット版

ハイサワーにはレモンだけでなく、グレープフルーツ、青リンゴ、うめ、ライムなどの果汁シリーズがある。100 cc当たりわずか6キロカロリーというダイエットハイサワー(レモンおよびグレープフルーツ)も2003年に発売した。2006年にはホップとレモンを使ったビアテイストの「ハイサワーハイッピー レモンビアテイスト」「同ビアテイスト」を発売。

このビアテイストのハイッピーシリーズが好調で、その後も2009年に「ハイサワー ホップ&レモン」「ハイサワーハイッピー ゼロビアテイスト」「ハイホップ シャルドネビアテイスト」と、次々に毎年2アイテムずつ新商品を開発してきた。

こうした商品開発は田中社長が中心となって開発チームで作っているが、その田中社長が1番の会心作というのが、2016年に発売された「ハイサワーハイッピー クリア&ビター」である。糖質・プリン体・カロリーゼロで軽い飲み口に隠し味のレモンが香る爽快感のある割り材と好評だ。

「私もお酒好きなので、酒飲みの気持ちを考えて作りました。原材料200種以上の味を使い、0.001ミリリットル単位で組み合わせて配合する作業を繰り返して、さわやかなビターさと軽いビールを味わえるホップの香り、味の両方を追求し、試作品を100種類作って社員やお客さまに試飲してもらいながら、6カ月かけて開発しました。おかげさまで順調に売れています」(田中社長)

田中社長は、1982年の入社以来、年間約30日間は朝から約50種類の試作品を開発する方針をずっと続けている。試作部屋にこもり、時には寝泊まりしながら、化学実験器具を用いて、微量の原料を配合し、試飲する。

「父はベロメーターなんて言って、必ず新商品は自分の舌で最終確認していましたが、人間の舌はわずかな違いでもわかるものです」

もちろん、新商品開発は自分の舌だけでなく、ハイサワーを買ってくれる居酒屋やエンドユーザーの声も重視し、社員と一緒に定期的になじみの店を回っている。

2003年に発売したダイエットハイサワーも居酒屋の女店主の愚痴がきっかけだった。

「お客さんにごちそうになることが多いので、太らない割り材ってないのかしらと聞いて、カロリーを落としたダイエット版のハイサワーを開発したのですが、当時はそうした発想の商品がなかったので、バイヤーや居酒屋店主からは『酒を飲むのにダイエットなど考えない』『そんなちまちましたものは売れない』と散々な評判でした。しかし、その後、メタボ健診をきっかけにヘルシーがキーワードになり、あれよあれよという間にヒット商品になりました」(田中社長)

2013年には割り材メーカーとしては初めて酒類に挑戦し、「ハイサワー缶 レモンチューハイ」を発売した。

■傷心のアメリカ旅行で生まれたハイサワー

博水社の前身の田中武雄商店は1928年の創業で、戦前はガラス瓶入りのジュース、戦時中は軍隊に甘酒を卸していた。戦後は砂糖水とみかんの香料で作る「みかん水」を作ってヒット。ラムネやサイダー、かき氷用のシロップなどを製造販売した。

1954年に創業者の武雄が急死、9人兄弟の長男だった専一が24歳で社長となり、田中家の大黒柱となった。しかし、61年にコカコーラなど大手の炭酸飲料が日本市場を席巻すると、都内の零細なジュース・ラムネ工場は軒並み廃業に追い込まれ、博水社も厳しい状況に陥った。

専一は新商品の開発を決意、6年の歳月をかけて、ホップを使ったビアテイストの割り材を作り上げたが、完成したときに香料の製造元が倒産し、新商品は泡と消えた。がっかりした専一は気晴らしにアメリカ旅行へ行こうと娘2人を連れてサンフランシスコに出かけた。長女である現社長の田中秀子は、その時のことをよく覚えている。

「当時、日本には焼酎を水以外のもので割るという文化はありませんでした。ところが、アメリカではカクテルが豊富にあり、スーパーには酒コーナーの横にずらりと割り材が並んでいた。父は日本なら焼酎を割ればカクテルになると考えたのです」

専一は帰国後、ジンフィズをヒントに、レモンと炭酸をベースにした割り材の開発に没頭した。ところが、何度試作しても何かが足りない。味にこくが出ないのだ。

「その時、母が料理に隠し味で日本酒を入れるように、白ワインを少しいれてみたらと言ったんです。わずかな量なのですが、それで味に深みが出ました」

こうして、5年をかけて1980年に「ハイサワーレモン」を発売。ロゴも専一が筆で「ハイサワー」と書き、その文字が今もロゴとして使われている。全く新しい商品だったため、当時10人ほどいた社員総出で、地元の目黒周辺の居酒屋を回って、実演販売し、「焼酎がうまくなる」と評判を呼ぶようになった。

ハイサワー発売の3年前に中小企業を保護するため大手の事業参入を制限する中小企業分野調整法が施行されており、専一はラムネなどを作る仲間に呼びかけ全国清涼飲料協同組合として申請、許可された。そのため、今も焼酎用割り材に大手は参入できない。

その後、テレビCMの「わ・る・な・らハイサワー」「お客さん、終点だよ!」というサウンドロゴが受けて、知名度が上がり、企業として成長が始まった。

■美尻グッズやハイサワー特区が人気

田中社長は当初、会社を継ぐつもりなどなく、バレエやジャズに熱中、将来は振付師になろうと思っていた。高校卒業後、ニューヨークのバレエ学校に進学が決まったが、留学直前にプールの飛び込み台から飛び込んだ際に腰を強打損傷し、踊ることができなくなった。

留学を断念し、山脇学園短期大学に進学するも、今度はジャズボーカルにはまり、いつの間にかライブハウスで歌うなどプロ活動をするようになった。

卒業後の1982年に博水社に入社し、働きながら東京農業大学の醸造科で学んだ。ハイサワーのライム、青リンゴなど商品ラインアップが増えてきた89年、田中社長は思ってもみなかった大病に襲われた。

「お腹が痛いのをしばらく放っておいて、さすがに診てもらおうと病院に行ったら、難病の潰瘍性大腸炎だと言われて即入院でした。大腸を摘出して人工肛門にするか、時間はかかっても薬で治療するかどちらを選ぶかと聞かれて、内科治療を選びました」

入院したその日から絶食が始まり、点滴のみの栄養補給になった。10カ月後に退院し自宅療養となっても絶食は続き、食事を口にできたのは3年後だった。

「食べるという当たり前のことがこれほどありがたいのかと思いました。自分の力ではどうしようもないことが世の中にはあると学び、精神的には強くなりました。頑張っても結果は良いこともあれば悪いこともあります」

結局、病気が完治したのは10年後だった。その間、84年に宝酒造が「canチューハイ」を発売、ハイサワーの売り上げが落ち始めた。そこで、田中社長は新商品開発に取り組んだが、酒を飲めることのありがたさや楽しさをかみしめながら試作を繰り返した。その思いが、数々のヒット商品には込められている。

特に2006年に発売したビアテイストのハイサワーハイッピーは父、専一がかつて断念したビアテイストの割り材の復活だった。金庫に保管されていた当時のレシピをベースに秀子流のフレーバーを組み合わせて4年かけてつくりあげたものだ。

「中小企業はたいした広告費も使えませんから、時代の半歩先の商品を開発して風が吹くのを待っているしかありません。ダイエットハイサワーはいい例ですね。半歩先を教えてくれる先生は居酒屋やお客さんです」

広告費がない代わりにアイデアで勝負というわけで、水着姿の美しいお尻の写真をカレンダーやポスター、グラス、タオル、トランプなどに印刷した「ハイサワー美尻グッズ」が人気だ。きっかけは、2009年に人気番組「タモリ倶楽部」でハイサワー特集が放映されたこと。美尻女性が踊る番組オープニングにあやかって、美尻ポスターを作って居酒屋に配ったところ、たちまち盗まれる人気で、話が弾むと評判になったので、カレンダーなどを作るようになった。

また、田中社長が先生と呼ぶ地元の居酒屋が武蔵小山駅前の再開発で220軒も退去となることから、武蔵小山・西小山(ムサコ・ニシコ)地区の居酒屋を盛り上げようと2016年から24軒の協力を得て「ハイサワー特区」を立ち上げた。各店にスタンプカードを置いて、はしご酒をしながら3店分のスタンプを集めると美尻グッズがもらえる特典がある。

「これでお客さんが増えたという店もあります。居酒屋チェーンもいいですが、やはり個店を大切にしないといけませんからね」と言う田中社長は、今晩もムサコ・ニシコ周辺の居酒屋でハイサワーと会話を楽しんでいることだろう。

(文中敬称略)

----------

株式会社博水社
●代表者:田中秀子
●設立:1952年
●業種:酒の割り材、缶チューハイなどの製造販売
●従業員:20名
●年商:11億円(2016年度)
●本社:東京都目黒区
●ホームページ:http://www.hakusui-sha.co.jp/

----------

(ジャーナリスト 吉村 克己 写真提供=博水社)