テニスのロジャーズ杯(7日開幕、カナダ・モントリオール)の主催者は3日、男子シングルス世界ランキング1位のアンディ・マリー(30=英国)が臀部(でんぶ)のケガのために欠場すると発表した。A・マリーはウィンブルドン前から臀部を痛め、連覇を目指した同大会でも準々決勝で敗れていた。

 これによってA・マリーに285点差の2位につけているラファエル・ナダル(31=スペイン)に世界1位復帰のチャンスが広がってきた。ロジャーズ杯で準決勝まで勝ち進めば、14年6月以来3年ぶりにNo.1の座に舞い戻ることになる。