レアル、消化不良のプレシーズン 4戦未勝利にジダン監督「この状況は理想的ではない」

写真拡大

MLS選抜に1-1 90分間で勝ちきれないまま8日のUEFAスーパーカップへ

 昨季のリーガ王者、そして前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したレアル・マドリードが、新シーズン開幕前の戦いを消化不良のまま終えた。

 現地時間2日にアメリカで行われたMLS(メジャーリーグサッカー)選抜戦は、1-1と90分間で勝ち切れず、PK戦で勝利を収めた。スペイン紙「マルカ」によると、ジネディーヌ・ジダン監督は「この状況は理想的ではない」と口にしている。

 試合は後半14分、トップチーム定着を狙うFWボルハ・マジョラルが先制点を奪ったものの、後半41分に同点に追いつかれる展開に。90分間で白星をつかめず、最終的にはPK戦で勝利を収めたものの、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、スペイン代表MFイスコを起用しながらも苦戦を強いられた。

「この状況は理想的ではない。4試合のうち1試合も(90分間で)勝てていないのは、良い状況ではないからね。我々はもっと力を見せたいと思ったが、あまり良いスタートを切れたとは言えない」

 MLS選抜戦前に戦ったインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でも、レアルは芳しくない成績となった。マンチェスター・ユナイテッド相手の1-1ドローに始まり、マンチェスター・シティに1-4の大敗。そして永遠の宿敵バルセロナとの“エル・クラシコ”では、パリ・サンジェルマン移籍が決定的になったネイマールに話題が集中したとはいえ、2-3で敗れている。

ベイルとベンゼマは無得点に終わる

 特に気になるのは、ベイルとベンゼマが無得点に終わったことだ。ジダン監督は「ただの偶然だと思うし、チャンスがあるので心配はない」とした一方、アメリカツアー“全休”となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについては、「彼は休まなければならず、バカンスを取ることが重要だった。我々は5日に合流した時、他のチームメートとともに準備を始めようと思う」と、エースの帰還に期待している。

 レアルの今季最初の公式戦は8日のUEFAスーパーカップ、マンチェスター・ユナイテッド戦だ。「我々はまず自宅へと帰って、(試合のある)8月8日について考えたいと思う」と指揮官は話している。ネイマールの去就騒動によって移籍市場が大きく揺れ動くなか、世界最強クラブはシーズン開幕前に調子を上げていけるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images