東京女子流アルバム2作同時リリース!リーダー庄司芽生「7年間の集大成」

写真拡大 (全2枚)

 10月25日にアルバム2作『PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜』『PERIOD. BEST〜キメテイイヨワタシノコト』を同時リリースするガールズ・ボーカル&ダンスグループ東京女子流。

 『PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜』に収録される名曲旧譜曲は、今回新たにレコーディングされたものであることに加えて、選曲はファンクラブ会員の投票で決まることが発表されるなど、様々な試みも企画されているが、こうした期待が高まる中、リーダーである庄司芽生は「私たちが7年間創り上げてきた楽曲をより知ってもらえるよう、東京女子流7年間の集大成のようなミニアルバム『PERIOD.BEST』を2作品を出すことにしました。デビュー当時から支えてくれているファンのみなさんはもちろん、最近私たちの活動を知ってくれたみなさんにも聴いて欲しい。メンバーとスタッフのそんな思いから今までの活動をまとめた作品になってます」と同作に込めた思いなどをコメント。

 さらに庄司は、話題になっているサブタイトル『〜オトナニナルンダカラ〜』『〜キメテイイヨワタシノコト〜』について、「サブタイトルの〜オトナニナルンダカラ〜、〜キメテイイヨワタシノコト〜は、小・中学生で何もわからないところからスタートした私たちが、この7年、様々な経験をし、『大好きな音楽を東京女子流を通してこの先も伝え続けていきたい』と日々強く感じるようになり、少女から少しずつ大人の女性に近づいていくメッセージが込められています」と解説。

 また、収録楽曲によって2枚に分けられている『PERIOD. BEST』の中身については、「『PERIOD. BEST〜オトナニナルンダカラ〜』では、女子流初期作品を新録し、幼かった少女から女性へと近づく成長した私たちを感じてもらえる内容で、『PERIOD.BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜』では、最近の曲がまとめられているので、7年間の東京女子流を知ることが出来る作品になっていると思います。」と、それぞれのアルバムのポイントを語り、最後にファンに対しては「それぞれ異なる雰囲気の女子流を楽しんでもらえたら嬉しいです!」とファンに呼びかけている。