@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

2019年デビュー 400馬力超え 新型AMG A45

メルセデス-AMGは、次世代型A45 4MATICを2019年に登場させる予定だ。

新型AMG A45は、四輪駆動/5ドアというパッケージを踏襲しながら、
・最高出力:400ps以上
というメガハッチバックの名に相応しいスペックになる。


注目は、ユニークなシャシー技術だ。掲載した写真のように、サーキット走行用に「車高を極端に下げるモード」を搭載する可能性がある。

地面とのクリアランス 4cmか

今回の写真は、公道で初めて撮影された次世代型AMG A45であるが、車体の一番低い部分と地面とのクリアランスは、わずか4cm程度だ。


フロントトレッドは、明らかにワイドになっており、ホイールもバネ下重量を下げる独特なデザインを採用している。サイズは18インチが標準で、19インチがオプションで設定されるだろう。

いずれにしても、ハードなセッティングで有名な現行モデルを上回る走行安定性、とくにサーキットにおける走行性能を、新型は追い求めているようだ。

48V化 電制ターボ/ハイブリッドアシスト

現行型のAMG A45はすでに、
・最高出力:381ps
・0-100km/hタイム:4.2秒
を誇る。しかし、アウディRS3やBMW M2(CSの計画もある)の存在を考えると、直線加速性能のアップはごく自然な目標だ。


400ps超えを狙う2.0ℓターボの下支えとなるのは、48Vの電気システムである。これによりターボチャージャーも電子制御されるほか、ハイブリッドアシストの役割を果たすモーターの開発も進めているという。