世界戦発表会見で笑顔を見せるエンダム(右)と村田

写真拡大

 ◇WBA世界ミドル級タイトルマッチ 王者アッサン・エンダム≪12回戦≫同級1位・村田諒太(2017年10月22日 両国国技館)

 会見のため2日に来日したエンダムはにこやかな表情で取材に応じた。

 初戦について「2人の素晴らしいボクサーが対戦したのだから接戦になって、判定が論争になるのは当然のこと」と話した上で「違う自分を見せたい。リングはどこでも同じだ」と再戦を歓迎した。試合翌朝、会って話すためホテルの部屋へ電話をかけてきた村田には「飾らないシンプルな人。驚かされたが、対戦相手で友人になった選手は初めてだ」と好感を抱いた様子。今後は米マイアミやフランスのほか、中国での練習も計画しており「村田に似た体格のスパーリングパートナーがいればいい」と明かした。