健康的な食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや自明の理。にしても、じゃあ100歳まで生きるためには、なにが必要なのか。「AsapSCIENCE」の動画には、意外な理由がありました。

いかにして100歳まで生きればいい?

01.
ショッピングをする
(けど、何も買わなくてもOK)

画像の左側は、運動を週に150分やると健康になって、長生きできるというもの。だけど、これは誰でも知ってます。

注目してほしいのは右側。

台湾の研究によると、実際にモノを買っていなくてもショッピングを日常的にしている人は、そうでない人に比べ、死亡率が23%〜28%も低いんだそう。

02.
セックスは、週3ペースで

ある研究では、1ヶ月に1回しかセックスをしない人たちと、週に3回以上する人たちとを比較しました。結果は、前者のほうが後者と比較したとき、心臓病にかかる確率が45%も高かったんだそう。本当?

03.
楽観的になるよりも
堅実に生きたほうがベター

意外!ポジティブな人のほうが長生きしそうなイメージってありますよね?けど、どうやらそれは間違のようで。

これはドイツの研究、明るい将来を思い描いてる人は、辛い人生を想像している人よりも、短い人生を送る傾向にあるという結果を導き出しました。自分の考えていることと現実とのギャップが大きい、ってことなのかもしれませんね。

04.
家族と過ごす時間を長くとる

アメリカで暮らすヒスパニック系の人たちは、それ以外に比べ、平均2.5年長く生きるそうです。なぜか?彼らが家族思いで、コミュニティを大切にしているから。

多くの研究者が、「家族を大切にする彼らの人生観」が影響していると考えています。

05.
ペットを飼うこと

自分の仕事に誇りを持っている人ほど幸福度が高い、これは分かりますよね。でも、犬や猫などのペットを飼っている人たちも、幸せに暮らし、長生きする傾向にあるようです。

アニマルセラピーはストレスを軽減してくれると言いますが、同じような理由が寿命にも影響しているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE