「カロリーゼロ」で逆に太ってしまう危険を知ろう

写真拡大

このたび新著『図解 食べても食べても太らない法』を出版した管理栄養士・菊池真由子氏が教える、「食べてやせる」簡単ダイエット法。「カロリーゼロ」と表示されているから太らない!と油断してはいけません。ダイエットにとって逆効果となることもあるのです。それはなぜでしょうか。

エネルギー源が来た
と脳がだまされる

 カロリーゼロなら大丈夫――そんな思い込みは、今すぐ捨ててください。

 カロリーゼロと表示されている代表的な食品、たとえば人工甘味料は、逆にムダな食欲を引き起こす原因になります。なぜなら、脳がだまされて、逆に甘いものが欲しくなるからです。

 人工甘味料は砂糖のように甘いのに、カロリーがほとんどありません。これは、砂糖が本来持つ糖分がないということを意味します。

 人工甘味料を使用したドリンクやデザートを食べると、舌は甘みを感じます。すると舌から脳に「甘い味=糖分が体に入ってきた」と連絡をします。

 そこで脳は「糖分=エネルギー源が来た」と判断します。砂糖など糖分が体に入ると、血液中の糖分量が増えます。そこで、血液中の糖分の量を一定にするために、脳は血液中の糖分を下げるホルモンを出します。こうして、血液中の糖分量が下がります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)