FC東京U-18が大会連覇。1得点・1アシストの小林は「ただただこのチームで優勝したかった」と喜びを口にした。写真:田中研治

写真拡大 (全3枚)

[日本クラブユース選手権(U-18)・決勝]浦和ユース 0-2 FC東京U-18/8月2日(水)/味フィ西
 
「大好きなチームメイト、スタッフ、サポーターと一緒に日本一を取れたのは嬉しいのひと言」
 
 浦和ユースとの決勝戦では1得点・1アシストを記録。結果を残し、大会MVPも獲得した小林幹は第一声でそう言った。記者にミックスゾーンで優勝が決まった瞬間の気持ちを問われた際のことだ。
 
 クラブ史上初となる大会連覇の立役者は、悔しさや葛藤とともにこの1年を歩んできた。昨年の優勝の瞬間はスタンドから見守っている。もちろん、戴冠を喜びはした。しかし、同時に「俺はなぜピッチにいないのだろう」という悔しさもこみ上げてきた。
 
 そんななか、新シーズンが始まると背番号10を志願した。日本トップの強豪・FC東京U-18で、特別な番号を背負うことの意味……。殻を破りたい想いもあったのだろう。重圧に潰されそうな時期もあった。
 
「自分から『付けたい』と主張しましたが、重みや責任はかなりのものでした。『他の選手が着たほうがいいのでは』という気持ちも生まれました。
 
『この番号を付けている限りは変なプレーはできない』『どんな試合でもしっかりとしたパフォーマンスを披露しなければ』という想いで戦っています」
 
 迎えた今大会、小林にはある変化が起こっていた。それは「チームのためにプレーする」姿勢がより強くなったこと。「ただただ、このチームで優勝したかった。その気持ちは勝ち進むたびにどんどん膨らんでいって、いつも以上に声を出せていたと思います」
 
 自分のユニホームに「10」という数字が付いている以上、周囲に認められるようなプレーをするのは当たり前。個人として結果を示すのは当然のこと。そのうえで引っ張っていくようなアクションを起こさなければならない。
 
「声を掛けるだけでプレーは変わってくる。声を出すのは誰にでもできることですし、勝つためですから」。1年前の“ピッチに立っていなかった自分”に対する後悔は、加速度的に小林を成長させていた。
 浦和ユースとの決勝戦は厳しいゲームだった。高いインテンシティと集中力を保ち、全員が運動量豊富で、激しく寄せ、身体を投げ出すのを厭わない相手にスコアを動かせない。前半のチームのシュート本数は9。
 
 37分にGK河畑の好判断のよって防がれた決定機。続く38分に強烈なショットをゴール左へと逸らしたものを含めて、小林も3本を放っている。
 
「守備陣がすごく頑張ってくれていて、攻撃もいい形を作れていました。あとは自分が決めるだけだったのに、そこが入らなくて……。前半が終わった時に申し訳ない気持ちがこみ上げてきました」
 
 0-0で折り返すと、浦和ユースが息を吹き返し、徐々に守る時間帯が多くなっていった。それに比例してピンチも増加。もはや「FC東京U-18がいつかゴールするだろう」という雰囲気は霧散しており、「どっちが先制してもおかしくない」状態となっていた。
 
 77分には自陣ペナルティエリア手前、ほぼ正面でFKを取られる危険なシーンも。それでも、苦境を撥ね返して得点を決めたのはFC東京U-18だった。79分、耳目を集める久保建英が角度のない位置から左足で決めた。お膳立てしたのが、小林だった。
 
 浦和守備陣が作る三角形に入ってボールを受けると、突っ掛けて内へと切り返す。ほぼコースを塞がれてはいたものの、シュートレンジ。マークを集中させて、走り込んできた久保へと絶妙なタイミングでノールックパスを出した。
 
「シュートをしようか、他のプレーを選択しようか。ちょっと迷っているなかで、後ろから久保選手が『ヘイ!』と呼んでくれた。位置はあまり確認できていませんでしたが、だいたいここにいるだろうなというのは分かっていました。