岡田将生「風呂場で失神・流血」暴露され大慌ての「意外にポンコツ」素顔

写真拡大

 人気漫画の実写化作品として話題の8月4日公開映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。7月26日にはジャパンプレミアが行われ、三池崇史監督とともに主演の山崎賢人、共演の神木隆之介、岡田将生、山田孝之らも登場した。

「スペインロケはタイトな日程ではなかったそうで、観光を楽しむ余裕もあったそうです。そんな中、岡田がロケ地のお風呂で滑って転んで頭を強打し、1時間も気を失っていたという裏話があったことを三池監督が暴露。気がついた時には、お風呂が血で真っ赤だったそうです」(女性誌記者)

「スペインのバスルームは滑りやすい」という話なのだが、このエピソードには会場のファンも騒然。思わず岡田も「その話はダメでしょ」とあたふたしていた。

「岡田といえばイケメン俳優で知られていますが、最近は私服がダサいとかビビリであるとか、ポンコツなエピソードを語られることが多いんです。そして、本人がそれを必死に否定する様子もまた、ポンコツらしいと受けているんです。お風呂で転んで気を失い、目が覚めたら流血の惨事だったなんて強烈な出来事は、ネット上で格好の餌食になりますから、慌てて止めようとしたのかもしれませんが、その行動も少々ポンコツっぽかったですね(笑)」(芸能ライター)

 イケメンのイケメンらしからぬエピソード。これもまた、岡田の人気に大きく貢献することになるのだろう。

(伊藤その子)